エントリー

当社が動かなければ、数百万円の税金が闇に

  • 2019/02/28 14:17

生活保護受給者は、相続権が発生したとなれば、当たり前ですが、保護課に届け出をしなければなりません、正、負の遺産共に相続財産ですから。

この当然も、行政は保護受給者に、実務として、求めて居ない訳です、それにより、当社が受任した事案、二名の被相続人の遺産相続事案で、4人の相続権者の内、2名が、札幌市から生活保護を受けているが、市への届け出も無しで、正の遺産を子、甥(保護受給者の立場から見て)に提供して、家財等は「生活保護世帯の家財を、札幌市は税金を使い、違法業者を動かして、闇処理して居る、この税金不正使用事業を適用させて、とされて居る訳です」

闇で子、甥に提供した、正の遺産減殺遺留分と現金等は、保護受給者二名の分だけで、X百X十万円でしょう、この分は、保護を打ち切り、支出させるべきお金なのに。

一方、負の遺産となる、遺産物品は、大量に存在して居ますから、相続権者4人が各々物品を選び、相続した後「保護受給者の相続家財の処理費で、X百万円が、通常であれば、税金から出た訳です」

当社が委任を請けて、事実調査から行い、こうした生活保護法違反他を証明して、法を犯して居る事は認められない、税金を違法に給付は、犯罪行為であると、当たり前を持ち、札幌市保護課を動かした結果、この犯罪?も、未然に止められたんです。

この件も、当社の委任者さんの相手方に、弁護士が就いて動いています「当社が、あっと言う間に調べて証明した、上記等何も証明もせず、弁護士権力を、正しい根拠も分からずに、行使に走ったのです」

当社が事実を調べ上げて、税金を違法に流す事も合わせて、止めたから良かっただけで、普通は通った訳です、莫大な税金も、法を犯して、闇に消えたのですよ、弁護士も共に手を汚して、状況では検事、裁判所、裁判官、警察、札幌市役所、市議会、国税他も犯罪者側に立って、当社だけ合法側に立って、何時も通りの、犯罪国家権力相手の戦争になって居たでしょう」

まともさが微塵も無い、日本の国家権力、国家資格者の現実です、組織犯罪テロ集団です、狂い切って居ますよね。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662514
ユニークアクセス:3912282
今日
ページビュー:42
ユニークアクセス:42
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1203

Feed