エントリー

弁護士の狂った思い込み、独善に、無条件で服従

  • 2019/03/03 07:08

弁護士個々が、狂った思い込み、独善を持ち、犯罪者から委任を請けて、犯罪を強制達成に暴走、こうなれば、警察、検察庁、検事、裁判所、裁判官他は、元々合憲、合法なぞ、ほぼ知らない独裁国家権力だから、狂った弁護士犯罪指揮に、無条件で服従して、従い、暴走を重ねます。

一旦こうなれば、合憲、合法に切り替える事は、責任回避の為にも絶対しないのです、弁護士の犯罪指揮に、無条件で服従して、犯罪の限りに走って来て居る責任が、合憲、合法に軌道修正すれば、当然発生しますからね。

弁護士が犯罪者に委任されて、犯罪を完遂させるべく、狂った独善により、犯罪指揮に走った先まで読み込んで、司法、警察犯罪凶行に対抗しなければなりません。

普通の人は、正しい事が通り、法を犯した所業は「警察、司法、行政が、通す筈が無い、と錯覚して生きて居ますから、警察、司法、行政他、テロ国家権力は、やりたい放題が、常に出來て通って居ます」

普通の人は、人生でこうした犯罪者委任弁護士が指揮する、犯罪を完遂させる為の、警察、司法、行政他を常に服従させた、テロ凶行続発被害は、ほぼ受けて来て居ませんからね。

場数を踏んで居ない一般人が相手です、犯罪者が委任した弁護士の指揮で、警察、司法、行政他は、やり放題犯罪を重ね捲り、弁護士が指揮する権力犯罪を、普通は成功させ続けられて居ます。

ですが、こうした犯罪者の共犯弁護士による、犯罪を完遂させる為の犯罪指揮に、国家権力が常に従い、犯罪の限りを共に尽くし、尽くさせている現実を、裏のからくり、手口も含めて知って居れば、一定対抗出来ます。

妻の事案、一定分表に出して良い、となって居る、別の同様事案の、全く異なって居る今の状況も、犯罪者に与している弁護士の、犯罪行為、犯罪指揮の防止のレベルで、今の結果が全く異なって居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047292
ユニークアクセス:4262063
今日
ページビュー:102
ユニークアクセス:101
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed