エントリー

弁護士指揮権力犯罪も、証拠隠滅、偽造が武器

  • 2019/03/03 07:23

犯罪者が委任した弁護士が、犯罪を完遂させるべく、警察、司法、行政等に、犯罪の指揮を行い、これ等国家犯罪日常権力は、憲法、法律に従うのでは無くて、犯罪完遂目論見弁護士の、犯罪を成功させる為に必要な犯罪の指揮に、無条件で、常に従い、犯罪者が手を汚す犯罪を、全て見逃すし。

国家権力を悪用させて、犯罪を各共犯国家権力も、凶行し捲ります、治外法権テロ犯罪国家権力の本領を発揮します。

妻の方では無い、弁護士も絡んだ「無法行為被害者さんの事案では”何の事実調査もせず、法のありかなど全くと言えるだけ知らない、向う側が受任したらしい弁護士は、簡単に追い出せると勝手に思い込んで、紙切れ一枚の、追い出し要求を突き付けて」

これで追い出せる、と、勝手に思い込み「何時出て行くんだ、出て行かなければ法的措置を取るぞ、出て行く時期を教えろ」

こう言って来たのです「残念ながら”あんな中途半端な公正証書遺言状記載だけで、勝手に思い込んだ目論見を、100パーセント完遂は、無理ですから”ネット検索しただけでも”遺贈内容によりますが、あんな内容では、他の相続権者複数には、減殺遺留分が存在して居る”これ位分かるから」

他にも「強引に追い出しを掛けて、対抗策が無いと勝手に思い込んで動いた事が、完全に間違いだと、事実として証明されて居る、重要な法を犯す行為?が、委任した側に有ります、相続権者一部にも、法を犯して居る強い可能性が存在して居ます」

遺産相続事件は、関係者のプライバシーを正しく知らなければ、正しい結果を出せません、当然ですが、憲法、各法律規定を、実務法律知識を正しく持ち、適用させ、駆使出来なければならないのです。

関係する、当社が動かなければ気付く事も無かった行政機関、政治も、直接関係者だと当社が理解させましたから、公式な事実調査から、と、一気に方向を付けました。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047307
ユニークアクセス:4262078
今日
ページビュー:117
ユニークアクセス:116
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed