エントリー

必要な情報も持たず、合憲、合法知識もほぼ皆無

  • 2019/03/03 07:42

自分勝手な思い込みだけで、犯罪者の委任を請けて、犯罪を成功させるべく、警察、司法、行政等に対して「犯罪者から委任されたと、今では口頭で言うだけで、委任、受任が成立した、事に、法律なぞ法務省も、法曹三者も警察も、知らない故強引に通されて」

こんな出鱈目受任?弁護士が、犯罪を成功させるべく、必要となった犯罪を、委任者?警察、司法権力に要求しますと、警察、検事、裁判官、裁判所他は「揃って無知蒙昧、正しい判断能力ほぼ欠如集団なので、弁護士からの、犯罪の公認、犯罪を職権悪用で実行に、恒に狂奔するんです」

不都合な証拠の隠滅、狂い切った虚言、詭弁、三段論法、事実を作り変える証拠の偽造捏造、犯罪遂行に邪魔になる相手は、弁護士指揮冤罪に落としに走る、正に狂ったカルトテロ国家権力です。

もう一つの当社受任事案では「こうなる前に当社が、種々必要な情報を仕入れて”調査結果を持ち、請け負う事業を、正しく実施の為必要な手を、行政、政治に対しても、当時者の一角ですから、行政、政治も”当事者の一角として合法に動くよう求めて、動いて貰えて居ます」

こうなれば、司法テロ犯罪が続行しても、行政、政治を相手取り、犯罪の完遂に走らなければなりませんが、それに走れば、委任者に直接「行為責任が及びます、それで無くても、行為責任が及び出して居るけれどね、行政が所管する法律を、とても拙い内容で犯した疑義が、当社が調べて、行政、政治に伝えたから」

弁護士が犯罪実行者に委任された、と言って出て来て、犯罪の完遂を目論見、法を犯して暴走しても、法を犯している事実、証拠を揃えて、犯罪防止、予防の為に、事前に手を打てれば、既遂を一定食い止められます。

犯罪者が委任した弁護士による、犯罪完遂目論見での、警察、司法、行政他相手の犯罪指揮、無条件で国家権力が、犯罪に加担して、犯罪を完遂させようとする、この闇制度は、手口を知り、対抗策を講じられれば、結構潰せるのです、所詮犯罪ですから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047328
ユニークアクセス:4262099
今日
ページビュー:138
ユニークアクセス:137
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed