エントリー

法律は通じない、それも踏まえるべき

  • 2019/03/03 14:13

公正証書遺言に何が書かれて居るか、公正証書遺言の正しい効力は、これを読み、理解出来なければ、正しく効力の範囲で遺贈は果たせません。

では、弁護士、検事、裁判官、公証人、調停員が、公正証書遺言状の記載を読み、遺贈の範囲等を、法に沿い、理解出来るかと言うと、ほぼ理解不可能が現実です。

この連中の頭、スキル、思考形態は「自分が一つの事だけで、全ての法を持った答えを正しく出せている、こう、独善、勝手な思い込みだけで、正しい答えと思い込んだから、それが正しい答えだ、之を強引に押し通すのが常です」

他の相続人の減殺遺留分が残る遺言内容と、減殺遺留分を全て消した遺言状記載内容と、遺言状の記載によって分かれる事も、ほぼこの連中は、知らないまま暴走する事が常です。

この連中は「遺言者の意志が全てだ、遺言者がXXに遺贈すると決めたんだから、遺産はXXが手に入れて終わりだ、他の相続権者には、XXが遺贈された遺産に付いて、権利は無いんだ”公正証書遺言状の記載によって、減殺遺留分が残る、残って居ないに分かれる等認めないんだ”」

これを絶対と、法も何も無知で知らない頭で、独善で決定した、とさせて、暴走を国中で行い、強制的に通す事を重ねて居ます。

一方では「司法、警察カルトが共謀して、相続されて居ない遺産は、泥棒した者が所有権を得て通る、泥棒された遺産は、相続財産から除外されるんだ、この遺産泥棒制度も、国中で行わせ、強制決定させて居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047257
ユニークアクセス:4262028
今日
ページビュー:67
ユニークアクセス:66
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed