エントリー

犯罪者に就いた弁護士が、狂った思考で狂信して居る通りを常に

  • 2019/03/03 14:27

日本の警察、司法テロ集団は、正しい世間常識もほぼゼロ、世間知と言う、先ず必要な知識を持たなければ、正しく法律も適用出来ない事から、本当に理解も出来ません、で、狂った弁護士犯罪制度のみを絶対と、警察、司法テロ集団の世界で決めており。

犯罪者に就いた弁護士が、狂った思考で思い込んで、日常的に凶行している、犯罪制度の指揮に、警察、検事、裁判所、裁判官、役人等は、無条件で従い、テロ、犯罪の限りを尽くし捲ります。

この連中には、当たり前から理解も何も出来ません、犯罪者に就いた、合憲、合法も何も理解不可能な弁護士からの、犯罪を正当化する為に必要な、犯罪の手助け、権力犯罪凶行指揮に、無条件で従い、権力を悪用した犯罪を、唯々諾々と凶行し続けるのです。

中途半端な公正証書遺言での、遺贈記載を理解も出来ず「100パーセント実効性が有ると、独善だけで勝手に決めた、思い込んだ遺贈者、委任弁護士は”100パーセントの遺贈の効力だと、公正証書遺言状記載内容を、法に照らし合わせて正しいか否かも、知識が備わっておらず、理解不可能故勝手に決めて”暴走に走った訳です」

役人の中にも「あの公正証書遺言状の記載では、減殺遺留分が、現在は、相続権者4人に残って居る事等を理解して居ました、弁護士のレベルが、何処まで低いか分かる事実の一つです」

そして「生活保護受給者の相続権者が、札幌市保護課に届け出もせず”自分が持つ、正、負の遺産相続発生に付いて、正の遺産の減殺遺留分も、負債相続物品も、単に放り出して、それで相続は終わった、と勝手に勘違いして、保護費不正受給疑い”にも発展して居るのです」

当然ですが、公正証書遺言で、遺産一定部分を遺贈された人と、この人物が委任した弁護士の、法を強く犯した事実に付いての責任は、逃れられませんしね。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047278
ユニークアクセス:4262049
今日
ページビュー:88
ユニークアクセス:87
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed