エントリー

アメリカ発と言う

  • 2019/03/13 08:39

日本も諦めて、オペレーティングリース、要は借金をして、何かを飼ったりして居る、貸金との金の貸し借りを、物品リースと嘘の帳簿処理、決算、税務申告、監査報告書作成、公表に走って居る、融資詐欺他を、正しく「融資を受けて居ます、借金して居ます、と、貸借表にも記載する事態と、やっとなったようです」

こうなった理由は、日本経済新聞の記事によると「アメリカも、オペレーティングリース、貸金契約、借金を、リースと偽り、貸借表に、借金を計上せず、通って来た事を、公式に今年度から禁止して、正しく債務だと、貸借表に記載が必要となったから、日本ももう、この融資詐欺、融資を受けて居るが、借金をリース契約と、嘘で塗り固めて通す事が出来なくなった、が理由との事です」

ファイナンスリース、サブリース、共に「実際は金を借りて居る、債務なのですが”債務を無い事と偽り、偽造の帳簿記載、決算書作成、偽造税務申告、監査報告書作成、公開で、国際会計基準、企業会計基準規定違反、脱税、税理士法違反、公認会計士法違反他、犯罪で染め挙げて、通して来て居る事業が、破綻するようです”」

さて、こうなれば、ファイナンスリースに手を染めている、貸金、販売店、顧客も、サブリース業者も、本当に破綻ですよね、違法に、借入限度などとっくに超えた、闇借金をしている事等が、破滅を呼ぶでしょうから。

借入限度など、超え過ぎて借金して居るんです、破綻しますから、国中の同様犯罪実行事業者他が.

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4552505
ユニークアクセス:3812192
今日
ページビュー:449
ユニークアクセス:439
昨日
ページビュー:1042
ユニークアクセス:1009

Feed