エントリー

本当は違法な借金

  • 2019/03/13 09:35

オペレーティングリース、ファイナンスリース、サブリースが之です「実際には金を借りて居るのですが、リースで何かを借りて居るんだと、嘘の会計処理を行わせて、該当物の所有権等も、嘘で塗り固めて、成功させて有る、貸金契約事業です」

この融資詐欺には、物品毎の「会計処理偽装手口が有ります、行政機関に登録、登記されるものと、動産とで、偽造の手が違います」

@所謂ファイナンスリース、動産を購入する資金を、貸金から借りて居る、割賦販売契約、コピー機、CT、MRI、歯科医療椅子、機器、レントゲン他を、ファイナンス金融会社から金を借りて、分割で返済して居る、月賦契約、この場合は”割賦支払いで購入した動産の所有権を、宙に浮かせて有るが、貸金が購入して、貸し出して居る”と偽って有る。

;物品の資産登録無し、償却資産税納付無し、地方税法第381条違反、借りた金の返済と言う事実を隠して、返済金支払いを、リース料金支払いと、虚偽会計処理して、経費で落として居る、法人税法第159条違反他、刑事罰則が適用される、犯罪行為です。

;該当物品は、金を借りた業者が所有者ですが”貸金が所有者だと、嘘で通して、割賦支払いで購入した物品を、貸金、販売店に詐取させて居ます”

@サブリースの場合は”土地建物所有者から、土地建物を借り上げして居る、レオパレス21、大東建託、東建コーポレーション、破綻した、かぼちゃの馬車、シェアハウスサブリースのスマートディズ等の事業ですが”このオペレーティングリースの場合は”アパート等を借り上げして居る、債務が発生している事実から、会計処理偽造で隠して居ます。

;サブリースの場合は”基本、土地建物は、オーナーが所有者す”オーナーが所有する土地建物を、サブリース事業者が借り上げて居る、と言う形です、不動産の所有者は、よってオーナーです、同じオペレーティングリース、金を借りている事業でも、偽造内容が全く違って居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4552518
ユニークアクセス:3812205
今日
ページビュー:462
ユニークアクセス:452
昨日
ページビュー:1042
ユニークアクセス:1009

Feed