エントリー

犯罪は、地域毎に公認、禁止区域に分かれています

  • 2019/03/15 07:41

日本国は、痴呆(地方)分権が進んだようで「地域ごとに犯罪が公認の地域と、犯罪だから禁止の地域に、公式に分かれて行っています」

相続されて居ない遺産金品強奪、闇処理委任、請負、他者所有物犯罪処理委任、請負も「地域、区域毎に”犯罪だが公認して有る地域と、犯罪故禁止の地域に分かれ続けて居ます”」

法曹権力、報道カルトは「犯罪者の下僕化しており、飼われて居る、傅く犯罪者に無条件で従い、国中統一で、犯罪を共に凶行していますが”地方自治体、警察署は、地域毎に犯罪公認地域と、犯罪故禁止地域とに、日本国内で別れ続けて居ます”」

之で法治国家、先進国と、国内外に触れ回って居るんですからね、呆れ果てるしか有りません。

道内では、小樽市内と、東警察署管轄区域は、泥棒委任、請負は禁止されています、他の市町村、警察署管轄区域では、泥棒、泥棒委任、請負が公認されています、地域差が凄いでしょう。

泥棒の公認は、司法、警察が指揮を執り、国中ほぼ、闇の犯罪の制度化で、認めて行わせて、泥棒は、正しい他者財物入手方法だ、こう、法を破戒させて認めて、通して居ます、主に詐欺師、強盗、泥棒に就いて居る弁護士用の、犯罪の強制制度化に拠って居ます。

犯罪は、楽で儲かります、犯罪者に就くと、犯罪者に弁護士が就くと余計、犯罪者から弁護士、報道等に、犯罪で得た利得の一部が回されますので、警察、司法犯罪化して居るのです。

警察、司法、報道が共謀して居れば、どんな犯罪も、強引に正当化出来る訳です、これが日本の現実です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4041269
ユニークアクセス:3401432
今日
ページビュー:1418
ユニークアクセス:1375
昨日
ページビュー:2671
ユニークアクセス:2578

Feed