エントリー

国家権力が全部犯罪者

  • 2019/03/19 06:15

@国家権力がこぞって法を破戒させ、犯罪を事業と偽り、通す国家日本、相続前の遺産金品、個人所有物闇処理委任、請負もこれです”行政の手口、司法の手口、報道の手口、加担して居る立法の手口、警察の加担、葬儀系”実例証拠が揃っており、一旦取り纏めます

                                平成31年3月19日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

原田環境大臣 裁判所、弁護士遺産物違法処理実例他、後で送付
TEL03-3581-3351 
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課渡井、佐藤担当
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電リサイクル高橋担当
山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 個人所有財産強奪も適法、法は間違い故
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
FAX011-756-0056 道労働局集瀧、派遣労働者犯罪駆出は
高橋道知事、道議会、保護、介護保険、障害福祉、実行部署です
FAX011-232-1156 石狩振興局吉水、共犯記載先にも配布
秋元札幌市長、市議会、市税、保護、介護保険、障害福祉区部署も
FAX011-218-5165
FAX011-218-5105 環境清水他課長、廃掃法遵守故移動では?
FAX011-218-5124 共産党市議団

1、札幌地裁平成31年(ワ)第386号、不動産立ち退き要求事件、原告、被告(該当不動産購入資金850万円出資)とされた方の甥、甥の祖父との間で、祖父所有、土地建物遺贈公正証書遺言を交わした事を盾に取り「祖父所有金融資産、昨年10月死去、祖母の金融資産等ほぼ全てを、この甥と、実父、叔母(保護受給者)で違法入手、残る、祖父所有遺贈不動産を、換金目的訴訟提起により、下記弁護士、裁判所、裁判官による、不動産明け渡し強制執行手続きでの、幾つもの犯罪ロンダリング事実が、追加証明されています」

2、この訴訟に付いては「兄妹、相続人4人中長男で、甥から被告とされた方と、一番下の次女さんは”両親の所有物から、負の遺産として相続を終えさせ、当社が、必要費用と共に引き取る協議案、次男、長女は札幌市から生活保護を受けており、市保護課が費用拠出、この遺産協議案に署名、押印して居ます”」

3、一方、札幌市から保護を受けて居る長女、次男は、札幌市保護課と共謀して「保護費から家財処理費を出さぬよう、この遺産処理協議案への署名を、保護課の指示も有り、拒み、保護課は見返りで、遺産金を原告と共謀して闇入手、保護費詐欺を見逃す、遺産冠婚葬祭互助会積立金(46万円余り)は、この方々に抜かれる前に押さえましたが、こう言う状況です」保護受給者、保護課共犯、保護費詐欺支給、受給も、之で更に立証されています。

4、原告甥、委任した弁護士、札幌地裁、裁判官は、これ等事実を持った上で「被告さんが拠出した、不動産購入費、不動産遺産減殺遺留分支払い(4人各自に甥は、100万円前後支払い責任あり、保護費詐欺の一部)も潰して”遺産家財等を、合法相続も潰して、原告甥が未相続物品全て所有者、と偽装し、甥の負担で強制搬出、廃棄処理も組み込み、この訴えを提起、地裁は何時も通り、受けた訳です”」

5、この不動産明け渡し要求訴訟一つに「司法、行政が強権発動して、合法な遺産相続潰し、遺産金詐取、保護費詐欺公認、遺産物品、所有者偽装で強制廃棄と、国中で起きて居る警察、司法、行政犯罪が組み込まれています」当社が、訴えられた方から、種々委任されなければ、全部の権力犯罪、遺産金等不当強奪、被害受け相続人は、警察、司法、行政テロで強制泣き寝入り他も、何時も通り闇に葬れたのですが。

6、当然、相続されて居ない遺産物品の、違法廃棄受け入れは、札幌市役所、市議会の共謀によります「裁判所を通せば、相続されて居ない遺産物品、違法収集物品、盗品等廃棄もロンダリングされる、良い公式実例、妻の被害実例と合わせた、公式実例です、この件、相続を潰されて居る遺産物品多数の、高額処理費負担(数百万円)は、甥です、弁護士、裁判官が、甥に隠している事実ですが」

7、甥によって被告とされた方、遺産金品強奪等被害受け者さんらの遺産金、冠婚葬祭互助会積立金も、甥、次男、長女らに抜かれる寸前で、当社が食い止めた事案の調査で「遺産物品闇処理実施は、不動産明け渡し要求訴訟の手で、原告、弁護士、裁判官、受け入れ行政機関が共犯、これも証明されています、この司法手続きが、どう言う犯罪か、今後リアルに証明されて行きます”遺品整理士には立証出来ない、犯罪者ですし、の権力犯罪です”」

8、報道指揮犯罪請負、ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパン、遺品整理想いで等犯罪業者犯罪を、正業と、報道挙げて虚偽宣伝で、犯罪拡大に続き、冠婚葬祭互助会、葬儀業者による、相続されて居ない遺産物品等の違法処理請負、処理ルートも、叔父を甥が訴えた事で、見事明らかとされました”葬儀系は数次下請けで、派遣事業者、派遣スタッフ等を使い、闇処理実施”悪質です」

9、葬儀系事業者数次下請け派遣業者、xxxxxx氏が言う「報道各社も、横澤とか言う料理人も使い、違法と承知で、遺品整理等請負を宣伝して居る、法律など守る必要は無い、この事業はこれからどんどん需要が出る、だから法の順守は不要で、遺品整理屋、便利屋等が参入して居る、等、正論を吐けて、通って居る理由は、国家4大権力、警察、国税他が、直接指揮、実行犯だからです」

10、一つの事実を告知します「不動産明け渡し強制執行手続きを利用する事で”原告の費用負担で、占有場所内物品全て、違法に手に入れ、何処からでも集めて、運ばれた等物品も”司法がロンダリングしてくれて、処理出来ます”当社のリース貸出品も、この司法強盗により、闇に消された通りです”」

11、叔父を訴えた、祖父母の遺産違法入手実施者甥は、正当に占有して居る不動産の明け渡しに、どれだけの手続きと、費用が必要か、全く理解出来て居ない、多分受任弁護士も、なのでしょうね、しかも「祖父母の遺産違法入手他、犯罪行為を幾つも、実父、叔母(市と保護費詐欺も実施)と共犯で手掛けている事も、公にされて行っています、裁判所、裁判官、役人も直接共犯で、と言う状況です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627551
ユニークアクセス:3881311
今日
ページビュー:1228
ユニークアクセス:707
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed