エントリー

司法犯罪制度の活用も

  • 2019/03/19 08:44

詳細は書きませんが、裁判所の不動産明け渡し強制執行手続き、あれを活用する事で、当社委任者さんの事案、あれが踏襲出来ます。

相続されて居ない遺産物品を、負の遺産物品を「これと組み合わせれば”司法、国が所有者偽装を公務で行い、申立者が所有者だと、処理受け入れ行政機関とも共謀して、公に違法処理を行います”」

相続されて居ない遺産物品だと、公に証明されて居ても、申立者、委任弁護士、裁判所、裁判官が共謀して「申立者原告が、占有場所の物品全部の所有者だ、こう偽り、強制処分してくれます、居直り強盗と変わりませんが、実際これも、司法犯罪で、常時成功させられて居ます」

今回は、保護費詐欺他も、札幌市役所、市議会、役人連中も公に手掛けて、司法犯罪と合わせて実行されています、相続財産は、強奪、横領、詐取したら、犯罪で遺産を手に入れた泥棒が、法によらず所有kンを得たと、偽りですが、強制的にこれを通されています。

この警察、司法犯罪に加えて、相続遺産金は、闇で手に入れれば、保護受給者による遺産不正入手でも、保護費打ち切りもされない実例、証拠も出来て居ます。

司法犯罪、警察、行政、政治、報道、国税犯罪は、このように、どんどん犯罪の制度化が促進されて行っているのです、国家権力と共謀して、犯罪やり放題が、日本中で進行して行っています。

詐欺ももう、成立しませんね、良い事です、強盗、窃盗、横領、詐欺、何でももう、犯罪とされず通ります。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627517
ユニークアクセス:3881279
今日
ページビュー:1194
ユニークアクセス:675
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed