エントリー

国家権力犯罪は、公に犯罪を行い、通ります

  • 2019/03/19 09:29

弁護士と裁判所、裁判官犯罪、不動産明け渡し強制執行手続きに便乗して「占有場所に色々、法を犯して集めた物品を、占有しておられる方と協力して、置いて行くと”司法犯罪ロンダリングにより、全部の物品は、原告、申立者の所有物品だと、委任弁護士と裁判官、裁判所、つまり国が、公務で偽り、処理先行政機関も共犯で、犯罪が洗浄されて、合法な処理”となり、成功します」

司法が頭の権力犯罪、犯罪ロンダリング手法です、相続されて居ない遺産金品強盗、警察、司法犯罪も、同様の犯罪、権利者強制偽装で成立と、同じ構図です。

今後、この司法指揮犯罪を、多くの「遺品整理等犯罪請負業者も、活用するべきです”不法投棄等に走らず、こんな素晴らしい、法を幾つも犯して居ながら、司法が犯罪を洗浄してくれて、合法物品処理となる公務に便乗すれば良いのです”」

愚かしい原告は「費用が幾らに膨れ上がるかも、委任弁護士に騙されて知らず、弁護士も知らない場合が多数、ですが”不動産明け渡しが認められて、強制執行実施となった時、どれだけの物品が、自分の所有といきなり偽りでされて、莫大な費用を負担する事になって”処理を実施する事となる等、こうなるまで知らないんです」

何故競売不動産の競落額は、あんなに低いのか、之すら全く考える頭も、実際無いんでしょうね、愚かな連中です。

被告とされた方は「当社を委任して居なければ、逆の結果に落とされた訳です、運が良かったですよね、本当に」

訴えた甥、費用を用意したか、どれだけ先かは不明だけれど、何れ君が全部費用負担だからな、ああそうだ、違法に手に入れた遺産金、払いなよ、当たり前だろ、泥棒なのだから。

あんな訴えを提起するから、ここまで大事になった訳です、自業自得ですよ、札幌市保護課役人犯罪、保護費詐欺他も、公式にばれたし。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627578
ユニークアクセス:3881338
今日
ページビュー:1255
ユニークアクセス:734
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed