エントリー

国家権力が、財産、遺産強盗指揮を

  • 2019/03/26 06:55

妻の受けている、両親の財産強奪被害に、当社の委任者さんの、同様と言える両親の財産、遺産強奪被害実例、根本は同じ犯罪行為です。

認知が進行した親に付け込み、財産を親族が、認知者の介護施設関係者、預金先と共謀して、横領、窃盗する、後で犯人側は、弁護士を委任して、財産強奪を成功させるべく、暴走を重ねて居る。

親が死去後、犯人側が委任した弁護士が仕切り、遺産となった親の財産を、総取りするべく、民事訴訟、調停を提起する。

これを受けた裁判所、裁判官は「認知が進行して、当事者能力、資格が無くなった親でも、100パーセント当事者能力、資格が有るので”親が合意したと言うだけで、医学的、法律的根拠は不要で、親がXXに、所有財産を渡した事で間違い無い”これを、常に強権発動で、認めて決定して、押し通して居ます」

親が死去後は「相続が終わる前に、遺産となった被相続人の財産は、横領、窃盗、強奪すれば、犯罪に成功した時点で、犯罪行為者が遺産緒所有権者と、無条件でなる、遺産は相続が終わる前に、誰でも自由に強奪、横領、窃盗に成功すれば、所有権を得られて、相続遺産から消えるのだ、法曹三者は、常にこれも、合憲、合法の破壊に走り、強制決定して居ます」

法曹権力、警察、報道は「他者の財産強盗、詐取、横領も”国家権力を悪用させて、制度化に狂奔して居ます”頭の程度がこの程度なのですが、自分達は神を超えた知識、能力を持った、神を超えた存在だと、勝手に自己狂信に走っており、自分達の頭の中で、こんな犯罪でも、犯罪とばれない、高度な犯罪だと、勝手に狂信して、通して居ます」

この事実が有るので、遺品整理委任、請負等と言う、泥棒請負も、公然と宣伝されて、行えて居るんです「遺産は相続前に、誰でも強奪すれば、所有権者と成れる、強盗の制度化が理由です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4552531
ユニークアクセス:3812218
今日
ページビュー:475
ユニークアクセス:465
昨日
ページビュー:1042
ユニークアクセス:1009

Feed