エントリー

特に法曹が、財産強奪犯罪を

  • 2019/03/28 07:46

当社の委任者さんの事件、両親の持参、遺産強奪被害事件では、ほぼ全ての財産、遺産強盗被害実例、手口が入って居ます。

公正証書遺言一通で、不動産だけ遺贈すると、公正証書遺言の記載を見れば「祖父には、当事者能力、資格が失われて居たとしか、読めない公正証書遺言で、不動産だけの遺贈で「祖父の遺産全部に加えて”祖母がその後死去したら、祖母の遺産まで、孫が保護受給者の叔母、親と組み、横領してしまって居る」

減殺遺留分と言う、遺産相続に関する法律規定も、弁護士、裁判官は、そもそも知らないから「減殺遺留分も踏み倒して”遺産不動産の総取りに、公式に先ず走って居ます”」

共犯の叔母は「保護受給者ですし、甥の父親、母親も、保護受給者です。保護費詐欺も加わって居ますし、札幌市保護課も共犯です」

しかも「不動産からの立ち退き要求訴訟を提起して居ます、孫は”減殺遺留分も踏み倒して、叔父を訴えて居ますが”遺産の段階の家財等が、多数保全されて居るのです、該当の土地建物には」

札幌市保護課が「相続遺産二名分の隠匿公認の上、未相続の家財等は、相続するな、と要求して有る、未相続の遺産物品が、該当不動産に存在して居ます」

このままだと「保護受給者の相続するべき、遺産物品を”孫が所有権者だと、法曹が故意に偽り、強制搬出、札幌市ぐるみで偽装処分、古物商と公安委員会、警察が共謀して、処分、古物売却されるのです”」

警察、法曹、行政、政治(報道も)が共謀しての、他者の財産強盗、犯罪古物売買、廃棄処理が実施されます、予告国家権力犯罪実例です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5108548
ユニークアクセス:4314889
今日
ページビュー:114
ユニークアクセス:114
昨日
ページビュー:1173
ユニークアクセス:1137

Feed