エントリー

法曹犯罪は、行政が法の所管権限行使で

  • 2019/03/28 09:36

XXさんの事件に付いては「両親の財産、遺産を、甥、息子夫婦と保護受給者の相続人が共謀して、甥が横領を、ほぼ果たして居る事に加えて、遺産不動産に付いて、減殺遺留分は、不当利得ですから、相続権者4人、父親、叔父、叔母に、この息子、甥は、現金で支払う責任を負って居ます、ももう当社が、公にして有ります」

更に「不動産の明け渡しを求めて訴訟を起こしており、法の埒外の法曹権力です、法を破戒させて、訴えを無条件で認めるでしょうけれど、該当不動産内外に有る、相続されて居ない遺産物品を、息子、甥の所有と、国、裁判所が偽装して運び出して、物品所有者を偽り、故買、廃棄処理する事を組み込んで有る訳ですから」

執行される、となったなら「未相続の遺産物品、相続権者はこの四人である、訴え者の所有物では無い、等を証明出来ますから”現行の強制執行手続きを使い、物品所有者偽装強制搬出、所有者偽装故買、は成功しても”」

札幌市の協力、加担は得られませんから「排出者偽装で廃棄処理は、無理でしょうね”子、甥が所有者と偽装を通しても、子、甥が、古物で売れなかった物品を引き取り、一廃で自己責任処理を、市は求めるから”」

排出者偽装、廃棄区分偽装廃棄受け入れを、地方自治体が、法に沿い、拒絶して「子、甥が所有者は違うけれど”そうだと法曹、国が決めたと言うなら、子、孫の家に売れなかった物品を運ばせて、孫の責任で、一廃区分廃棄処理させる訳です”法曹犯罪は、この事件では、成功は難しいのです」

なお、孫の住所地は、小樽市内です、小樽市役所も、見事当事者です。

きちんと小樽に運ばせるから、小樽市役所、札幌市役所、管轄警察署もきちんと監督して下さいね、一般廃棄物で、自己責任で処理が終わるまで、大変でしょうね、あんな大量の遺産家財の、自己責任一廃廃棄処理は。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5108617
ユニークアクセス:4314958
今日
ページビュー:183
ユニークアクセス:183
昨日
ページビュー:1173
ユニークアクセス:1137

Feed