エントリー

さて、幾ら祖父母の金を抜いて来たか

  • 2019/03/30 17:15

正直に、祖父母の遺産、金銭遺産分類契約は、何処の何か、孫が「どう見ても、不動産明け渡し委任弁護士が打った文書に記載して、xxさんに送って来ましたから、金融機関に対する、預金履歴入手も、もっと楽になりました」

孫が、祖父母の金融資産に属するあれこれを、権利も無いのに自由に扱う、等して来た訳です「挙句、祖父母が死去後も、自分の資産と、勝手に扱って来て居る、訳です、法律を踏まえれば、自分の父親、叔父、叔母に返還して居なければならないのに」

一体この連中、甥夫婦、甥の父親、叔母が共謀して、祖父母、父母の金融資産等を、どれだけ違法に私物化させて来た物やら、妻の兄、姉と家族と、同様の犯罪行為者ですよね。

得する財産、遺産は、法を犯して自分の物扱いして、処理が必要な遺産物品は、長男、次女に押し付けて、逃げる気で居るんです。

残念ですけれど、得する財産、遺産金は手にして、負の遺産物品は、責任を負わず逃げる等、認められる訳が御座いません。

遺産不動産にしても「正しく祖父が、孫に遺贈する意志を、当事者資格を備えて持っていたのか、之への大きな疑念も、当然出ても居ます」

日本の警察、法曹権力、行政機関、報道を名乗る犯罪事業者連中は、全く遵法等果たしません、果たすまともさ、法の順守知識、意志が無いからです、根本から犯罪組織、犯罪者集団だからです。

xxさんの、両親の財産、遺産強奪、横領被害受け事件では、兄妹二人も犯罪者側で、生活保護受給者です、共犯の孫は、彼らに取り、実子、甥です、札幌市役所保護課、厚生労働省保護課も、共犯で突っ走り、成功に持ち込む、訳にはもう行かないでしょう。

 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700075
ユニークアクセス:3945396
今日
ページビュー:8
ユニークアクセス:8
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed