エントリー

財産、遺産泥棒

  • 2019/03/31 08:04

他者の財産、遺産となった財産を、偽造他犯罪を警察、行政、法曹、報道挙げて認めて、偽造で、他者の財産をかっぱらう行為に加担して、成功させて居ます。

遺品整理請負、不動産明け渡し強制執行手続き、共に他者の財産を、偽造、虚偽を事実と偽り、強奪、横領、窃盗、詐取に成功して居る、他者の財産権蹂躙犯罪です。

xxさんの被害実例では「ご両親の財産、死後は遺産犯罪で強奪、横領、詐取、窃盗被害を受けており、更に”不動産明け渡し強制執行を果たすべく、不当な訴訟も起こされています”」

この訴訟で「立ち退きを認めるでしょうから、法は通りませんから、その後、不動産明け渡し強制執行手続きに移行して、無条件で執行も認められるでしょうから」

国、裁判所、執行官は「該当場所に有る、相手方に所有権も無い物品全てを”執行時に申立者が所有権者だ”と、国が偽り、強奪に走る訳です」

申立者が所有する金品が、執行場所に有るから、申立者が所有権を行使して、強制搬出した、こう言う嘘を持った、強盗実施です。

xxさんの事件では「該当場所に有る金品は”xxさんの所有金品、相続人4人が、、相続手続きを全く取っておらず、拠って相続人4人に、等しく所有権が有る金品、xxさんが行って居る、複数の事業に関わる金品”こうなっています」

で、相続人の内二名は「札幌市から生活保護を受けています、執行に持ち込む人間は、保護受給者の実子、甥です”甥の祖父母の財産、遺産を、法を犯して自分の物にしようと、と言う事件の中に、この祖父の所有不動産、不動産内外の金品強奪”も、果たそうと走って居ます」

当然ですが、これ等金品は、甥が所有権者、では全く有りません、単なる強盗です。

遺品整理請負と、不動産明け渡し強制執行実行が重なり合って居る、なかなか良い?国家権力犯罪実例です。

別側で見れば「甥は、執行時に強奪する、全部の物品を、自分が所有権者であると、国が決めて呉れる訳です”事実は全く違う事も、公に証明された上でです”遺品整理屋は、この場所に、xxさんの了解を得て、安い費用を提供して、違法に合付けた物品を、甥が欲しいらしいから、先ず阿部さんに差し上げては?”」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4668115
ユニークアクセス:3917664
今日
ページビュー:241
ユニークアクセス:240
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed