エントリー

利害得失を

  • 2019/04/06 08:19

xxさんの事件では、甥夫婦と、委任した弁護士が、頭があまりにも、過ぎて居ます「利害得失で考えられる頭も、全く無いんですよね、競売不動産の多くが、何故競落されないのか、安く手に入れられそうなのに?」

理由は「占有者が住んで居る場合が多いです”競落で手に入れても、居住者が居たなら、出て頂く交渉が必要で、拒まれれば、裁判手続きで強制退去させなければなりません”」

ですが「特に居住して居る、法律的根拠証拠が有るなら”強制退去させるには、費用と手間暇が、膨大に必要となります”xxさんの甥と、委任弁護士が言うような、一円も出さないから早く出て行け、では、何時も上手く行く訳では無いのです」

xxさんには、居住して通る、正当な根拠証拠が有ります、逆に甥夫婦は「叔母、甥の父親に売られれば、とても拙い事を幾つもしているんで、こちらも甥夫婦の犯罪行為等を、複数証明して有るから、甥の父親、叔母が証言すれば、もっと立場が拙くなります、犯罪を幾つも手掛けているから」

不動産明け渡しの正しい手続きも、どれだけの手間暇と、時間と費用が必要なのかも、甥夫婦と委任弁護士は、まるで知らないんですよね。

昨年当社に連絡して来た、京都建物は、競落した一軒家には、居住者が居て、家財等が引っ越しの箱トラック3台分位有り、搬出保管、処理に300万円から、の費用が必要だと言っていた、ああ言う事なのですけれどね。

XXさんの場合は他にも、複数事業を営んで居る、未相続の遺産物品を、多数保全、保管して居る事実も有る訳です「札幌市保護課が関与して居る、相続人保護受給者の相続未定家財も、多数存在して居るしね」

甥の所有家財だと、すんなり札幌市役所、市議会が、嘘を承知で認めてくれるのか?保護世帯の家財処理費を、税金から出したくないしで等も、今後はっきりさせられます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662505
ユニークアクセス:3912273
今日
ページビュー:33
ユニークアクセス:33
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1203

Feed