エントリー

日本初でしょうね、保護受給者も含めた、正、負の遺産相続手続き実例

  • 2019/04/06 08:40

xxさんの両親の遺産相続事件は「保護受給者の相続人二名も入って居て、札幌市から保護費を給付して貰っており”相続遺産が発生した事も含めて、札幌市保護課は、遺産が発生して居るが、公式申告は不要、保護費打ち切りも、減額も無で良い”」

こう、保護受給者さんに直接、ケースワーカーの篠田氏を通じて答えて、通して居ると言う事で、更に「負の遺産家財は相続するな、処理費を税金で出す事をしないからな、こう、違法に相続に関与して、相続手続き妨害にも走って居る、との事です」

当然ですが、札幌市役所による、これ等公務は、犯罪行為ですが、日本中ほぼ同じ事を、保護課と保護受給者で、行って通されて居るんでしょう「どうせ税金、国民が納め続ける金が資金源だから、保護受給者に遺産が入ろうと、差引も不要、家財処理費の拠出は、独善でしないと決めたから、保護費で家財処理費の支給は、出さない事で決定済み、に、公式に、行政特権悪用で走って居るんでしょうね」

まあ、当社が構築し続けている、国家権力ぐるみのテロ、犯罪に対抗出来る手法を駆使して、国家権力犯罪制度を、正しく?活用出来て居ますから、今後、正しく実例を作って行く事になるでしょう。

法曹、警察犯罪に、行政、報道による、同様の犯罪実例が、次々表で公開証明されて行きます。

保護受給者が持って居る、相続を受けた、処分が必要な家財等も、遺品整理、相続魔に遺産金品を泥棒請負して、運んだ物品も、強制執行が決定した所に、居住者と話を付けて、安い金を渡して置けば「執行申立者の所有物だと、国、裁判所が、嘘を事実と認めて呉れますので、こう言った物品を、居住者さんと話を付けて”どんどん占有者さんに提供しましょう”」

これを果たせば、全部費用負担も合わせて、執行申立当時者が、全部の物品の所有者だと確定します、盗品、保護費用で処理すべき、保護受給者所有物も、危険な廃棄物も、遺品整理物品も、強制執行決定場所に、執行実施前に、どんどん運んであげれば、喜ばれますよ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703314
ユニークアクセス:4877650
今日
ページビュー:320
ユニークアクセス:320
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed