エントリー

どうやって合法、適法に、物理的処理を果たすか

  • 2019/04/07 07:55

建物解体、物品廃棄処理を、相続遺産で、負債となる建物、物品の場合の合法、適法な、負の遺産処理には、管轄する行政機関、警察と、先ず折衝が必要です。

そして「相続権者が、遺産建物、物品が所在する都道府県、市町村と異なって居れば”何処の業者に解体を請け負って貰うか、物品は、地元で処理を、地元の行政機関が、違法と承知で認めてくれるのか”この協議も必要ですが」

都道府県庁、市町村緒職員毎に、廃掃法の理解から全く違っており、協議は纏まりません。

ここに警察が、複数の警察生活安全課が加わる訳です、調整を取るにも、公式な負の遺産物品処理実現となれば、ほぼ実現は、無理です。

じゃあ、どうやって居るのかと言えば「行政、警察が、見ないふりするか”廃掃法、建設リサイクル法規定も知らないから、適当に摘発するか”ですよ」

合法な空き家の解体工事を請け負う、田舎では特に、合法な空き家の解体業者が居ません。

そして「家財も一緒くたに、建設業者、解体業者が、空き家の所在場所の市町村ぐるみで、廃掃法違反で処分して居ます」

この現実が大前提であるから、合法な負の遺産空き家、家財の処理は、公に実施となれば、とても大変なのです、行政、警察との調整から、物凄く大変です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702347
ユニークアクセス:3947576
今日
ページビュー:435
ユニークアクセス:421
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed