エントリー

ここまで大々的に、弁護士の委任状偽造、行使まで

  • 2019/04/09 07:32

少なくとも、日本では「民事訴訟事件、調停事件、家事審判事件に於いて”弁護士を代理人委任した、訴訟、調停、家事審判代理者委任状は、委任者の住所、氏名偽造で、偽造された委任状だと、受け付けている裁判所職員も、事件担当の裁判官も、承知した上で、弁護士選任委任状の委任者住所、氏名記載等は、偽造で合法な委任、受任が成立して居る”」

これを日常的に、通し続けていると言う事ですね「法の規定では、当然犯罪行為です、偽造された弁護士委任状では、訴訟詐欺ですしね、当たり前です」

この事実、多数の証拠は「今後、法曹、警察としても、自殺行為の証拠ともなります、弁護士会も、自爆を故意に行っているしね」

義兄の代わりに、妻が義兄を偽り、住所氏名を、弁護士選任委任状にも偽造で記載して、偽造弁護士委任状と、受け付ける裁判所職員、裁判官も承知の上で「合法に交わされ、効力が正しく存在する、弁護士選任委任状です、委任者の住所、氏名は偽造記載ですが、合法な弁護士委任、受任です」

これを日常的に、通して居る訳ですから「この犯罪の証拠は”義父の死後、義父の遺産預金盗む目論見で、義父の身分偽造書類を書いて、金融機関職員と共謀して、金を盗んだ証拠書類と、証拠ぼビデオ映像と、実行犯金融機関職員の自供”が、犯罪証拠、偽造の証拠、実行犯特定証拠となって居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662262
ユニークアクセス:3912030
今日
ページビュー:1105
ユニークアクセス:993
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed