エントリー

行政とも正面対決

  • 2019/04/09 16:47

さて、札幌弁護士会、日本弁護士会は、各行政機関とも、行政が所管する法律事業に、正面から「違法に各事業を乗っ取るべく、対決する事となりました」

建設工事、荷役作業請負、個人の所有物等を、合法に引き取り、扱う荷役労働を、日弁連、札弁連、弁護士連中が、真っ向から「法を犯して乗っ取るべく、憲法から破壊させて、テロに走って来て居ます」

国土交通省、環境省、法務省、厚生労働省、都道府県庁、市町村とも、真っ向対決、土木建設工事、物品運び等、荷役労働を、日弁連、札弁連、弁護士連中が「請け負える資格も何も無いのに、違法に乗っ取ろうと、司法テロに走って居ます」

いよいよ最終決戦でしょうか、法曹機関、法曹三者による、日本国憲法、法律破壊、恐怖テロ法曹支配国家樹立に、本気で打って出て来て居ます。

建設工事、荷役労働請負は「自社で、自分でか、自社で直接工事、労働が出来る体制が、必ず要ります」

弁護士事務所、弁護士には、当然建設工事、荷役労働を、請負、実施出来る体制から、この事業を乗っ取り、違法に請負、ピン撥ねして丸投げ工事させられる資格も、法律規定も何も無い訳です、弁護士権力を悪用した、犯罪行為です。

法務省、厚生労働省、労働局、労基も、都道府県庁も、市町村も、日弁連、札弁連による、法を犯した建設工事、荷役労働乗っ取り犯罪に、所管法律を持ち、立ち向かわなければなりません、三権分立が、いよいよ法曹犯罪相手で、大きく稼働します。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662267
ユニークアクセス:3912035
今日
ページビュー:1110
ユニークアクセス:998
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed