エントリー

複数で環境犯罪を行い、一人保護になった、産廃処理責任は?

  • 2019/04/16 06:46

さて「親子で産廃不法投棄、産廃違法埋設を、広範囲で行って来て、父親が生活保護受給者となった、息子の行為者責任と合わせて、札幌市役所保護課、環境、市議会は、どうやって責任処理するやら」

息子は、叔父の住む不動産強奪にまで走って居る、保護受給者の叔母、父親と組んで、をなされて居る人物です、環境犯罪行為者責任、処理責任、刑事罰則適用は、どうなるのでしょうね?

当社で調べてきた場所には、土木工事で出た、産廃入り土砂、がれきが埋まって居るのですよ、大量に「で、実行者の一人は、生活保護受給者となって居ます、実行犯の息子は違うけれど」

この事実、証拠が揃って居る上で、さて「札幌市役所保護課、環境、市議会は”産廃掘削処理責任、産廃不法投棄、違法埋設行為者責任を、どうやって、誰に取らせるんでしょうね?まさか税金で、犯人を逃がす処理、では無いでしょうね”」

それをすれば、悪しき前例が、公式に作られます、産廃不法投棄、不法処理実行者は、保護受給者を仲間に入れると、全部行政が処理他責任を負うようです、の実例証拠作りです。

こう言う悪事を働く場合は「発覚した場合、責任が来ないように、考えて行うべきです、どうせ悪事を働くのであれば」

過去の環境犯罪の行為者責任を「共犯の一人、父親が生活保護受給となった、もう一人の共犯者、息子は働いている”環境犯罪行為者責任は、どうなるでしょうか”刑事、民事責任共に」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4324406
ユニークアクセス:3635287
今日
ページビュー:1337
ユニークアクセス:1309
昨日
ページビュー:3917
ユニークアクセス:2936

Feed