エントリー

権力犯罪被害者を助けられる知識、手段が

  • 2019/04/24 06:55

司法、警察犯罪、遺産金品、不動産詐取、窃盗し放題の現実、犯罪者と組んだ弁護士、司法書士が、この犯罪制度に拠り、犯罪者が、法を犯して手に出来た遺産乃分け前に預かれて、稼いでいる日本です。

未相続の内なら、遺産に該当する金品、不動産は「犯罪によって、泥棒が手にすれば、泥棒、犯罪者が所有権を得られて、通って居る、法曹、警察、法務省が、憲法、法律規定を破戒させて、犯罪者と共謀している結果でです」

xxxxさんも、この司法犯罪遺産犯罪によって強奪、窃盗、詐取制度被害を受けて居ます、当社が調査を委任されて、洗い出し続けて居る遺産泥棒、詐取被害は「遺産不動産詐取、遺産預金窃盗、遺産年金詐取が軸となって居ます」

相続権の無い、xxxxさんの甥(と妻?)が実行犯となり、甥から見て祖父母に当たる、被相続人となった方々の相続遺産を、根こそぎ犯罪に手を染めて、手にして居るのです。

遺品整理が正しい事業なら「この甥による犯罪は、全て正しい犯罪、にならなければ、遺品整理等が正業、未相続の内に遺産金品を盗めば、泥棒正当な所有権者となる、遺産泥棒正当制度と、整合性が取れません」

ですが「甥による”祖母の遺産年金詐欺は、年金機構により、詐欺行為と確定させて、正当な相続権者である、xxxxさんに支払われる事が決まっており”支払いを受ける手続きも、終えて有りますし、詐欺を働いた甥には、年金機構から回収が掛かり、詐欺事件で捜査機関にも、届け出が出ます」

国家四大権力、警察が一体となり「未相続の内に遺産金品を盗めば、泥棒が所有権を得て通る、遺品整理犯罪の事業化、正当化は、この遺産年金詐欺事件では、適用されて居ない訳です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703252
ユニークアクセス:4877588
今日
ページビュー:258
ユニークアクセス:258
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed