エントリー

憲法、法律による社会秩序維持破壊、法曹、警察、報道が

  • 2019/04/24 07:23

憲法、法律規定による社会秩序の維持、近代法治国家では鉄則ですが、日本の法曹権力、警察、報道は「日本国憲法、法律規定は無効、間違った規定だから無効である、これを今では、公に宣告して、治外法権日本国家、法曹三者、警察官各々が、独善で決めた事が合憲、合法、法の規定では犯罪行為も、法曹三者、警察官各々が”刑法規定も無効故、正しい犯罪である”と決めて、犯罪が正当化されても居ます」

憲法、法律規定は間違い、犯罪は正しい行為、合憲、合法を持ち、国家権力犯罪を糾弾する人間は悪、冤罪に落とす、暴力行使で粛清して良い、日本の国家権力の、実際のテロ行為です。

特に法曹権力、警察、報道は、一つのテロ国家権力化し切っており、合憲、合法の完全破壊、犯罪の正当化により、稼げる日本国樹立にまっしぐら、とまで成り下がって居ます。

認知が悪化した人、亡くなった方の財産、遺産を、国家権力、法曹、警察、報道、行政挙げて「実行犯の犯罪者に直接組して、強奪、窃盗、詐取し捲り”正しい犯罪行為、正しい犯罪による、他者の財産入手だ”こう嘯き、国家権力悪用を武器とさせて、通し捲って居ます」

この現実の中で、当社に調査等を委任して来た、xxxxさんの相続遺産泥棒等被害事件では、この方の両親の遺産泥棒犯罪複数、直接の実行犯は甥(と妻?)の事件では「相続権の無い甥による”遺産年金詐取犯罪は、年金機構が詐欺行為と認めて、xxxxさんが第一相続権者なので、この方に遺産年金を支払う手続きを果たさせて居ますし、詐欺で遺産年金を手にした甥には、回収を掛けて、詐欺事件です、捜査当局に通報もするのです”」

遺産は未相続の内に、誰でも盗めれば、泥棒が所有権を得て通って居る、日本の遺産泥棒制度は、常に成功しない実例です、泥棒、詐欺が正しい、法曹、警察、報道が犯罪組織なのですよ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703305
ユニークアクセス:4877641
今日
ページビュー:311
ユニークアクセス:311
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed