エントリー

アパートオーナーが、アパートの火災で死傷者が出た、刑事被告人

  • 2019/05/16 16:16

グループホーム事業は、アパート事業で認可されましたが「防火施工不要、消防法で規定されて居る、アパートの建物に必要な施工、装備も不要、之で事業の認可を出したのです」

結果、中古の一軒家を購入して、グループホーム、アパート事業を行って居たのが実際です。

札幌北区の、グループホームとんでんも、1,2階合計で250平方メートルに上る”一戸建て住宅の中古物件を購入して、住居のままで、アパート事業、グループホーム事業を申請して、認可が下りて、アパート経営をしていたのです”防火施工無し、火災報知機無しの住宅で、ですよ。

そんな住宅が、火災に見舞われまして、当然ですが「入居者各自の区画毎の、防火施工壁、天井が無いので、あっと言う間に建物全体に火が回ったのです」

当然ですが、入居者さん達の多くが死傷しました、明確過ぎる人災ですが「グループホームはアパート事業なのに、一戸建て住宅でも、アパート事業の認可を与えた結果、火災が全部に回り、多くの死傷者を出した事を隠す為”防火施工は不要だ、消防法の規定に有る施工、設備も不要だ、スプリンクラーが設置されて居なかった事が、火災発生後、多くの死傷者を生み出した原因だ”」

こう、嘘八百報道を、国需の報道機関が展開し続けて「意味の無い、高額のスプリンクラーを設置させられたけれど”必要な防火施工は、無しで通されて来たのです”」

そうこうしている内に、レオパレス21、ダイワハウスのアパートの多くも”防火施工が無い、出鱈目な防火施工の建物の山、之が表に出されたのです”そうしたら「スプリンクラー万能、防火施工は不要、のデマ報道が、見事に消え去ったのです」

嘘八百報道だと承知で、防火施工違反を隠して、同じ火災発生、死傷者多数事件を起こさせて、人殺しに興じて来たんですから、防火施工違反の是正に動いて居れば、死なずに済んだ人も多くいたのに。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4447074
ユニークアクセス:3716328
今日
ページビュー:554
ユニークアクセス:265
昨日
ページビュー:5658
ユニークアクセス:3605

Feed