エントリー

無責任すぎる結果

  • 2019/05/17 07:34

グループホーム屯田で起きた火災により、多くの認知症者が死傷した事件で、札幌方面北警察署、刑事1課強行犯の、事件担当の刑事さんと「あの事件の最大の原因、責任の所在は、札幌市役所に有る、その前に、厚生労働省、道庁介護保険部署に有る、理由は~ ~ を話して居ます」

この話し合いの日が「経営者を”アパートの入居者を、建物火災によって死傷させた責任、業務上過失致死傷罪での送検の当日の午前中だったと言う、刑事さんが”もう手遅れです、もっと早く知って居れば~ ~ 」と、間違った事件の構成、送検が、ここでスタートしたのです。

今日の報道でも「担当した弁護士、最高裁への上告担当の弁護士等が”全く事件の根本原因から、知らないで刑事事件の弁護活動を行って来た事を、全く認識も出来ないまま、不服を述べて居ますけれど”全く事件の構成から、違うから」

素人以下の国家権力が、素人以下の知識とも、全く理解にも至らずに「見当違い過ぎる”裁判ごっこに興じている、実例証拠です”素人以下の連中が、本職の事業で、本職の筈の役所、役人、国家資格者、事業の経営者、職人も知らなかった、知らない、重大な違法行為が原因で起きた事件を、素人の勝手な思い込みで、刑事訴訟法手続きも、行って居る実例の一つです」

実務を把握した上で、何が問題なのかを「上下を法律で組み立てて、正しい、正しいに近い構成をなして”素人連中に対抗する必要が有るのだけれど、群盲象を撫でる、あればかりに興じて居るのです”」

防火施工違反、消防法違反の蔓延も、レオパレス21、ダイワハウスのアパート群が、この違法施工と言う事実の表沙汰でも、はっきりして居ます。

グループホームの建物、アパート事業の建物の多くも、同じです、グループホームとんでんの建物もそうだった訳です、結果、各区画を超えて、あっと言う間に住宅の建物は、全焼したのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4242255
ユニークアクセス:3568961
今日
ページビュー:186
ユニークアクセス:184
昨日
ページビュー:1258
ユニークアクセス:1173

Feed