エントリー

法曹資格者の実際

  • 2019/05/18 09:15

今日の文書、二件の相続絡みの事件の、中間の纏めの記載をご覧頂いても、法曹資格者、検察庁、裁判所が、法律業務を偽るだけで、実際に何をしているか、良く分かります。

合憲、合法等、そもそも「何を差すかから、ほぼ知りません、合憲、合法とは何か、ほぼ実は知らない事から”全くと言って良いだけ、理解、認識も、出来ないレベルなのが真実です”」

相続遺産とは、も、相続遺産の正しい保全とは、も、正しい相続手続きとは、も、実はほぼ分からないのが実態です。

相続権の有無とは、も、相続権がある人、無い人、被相続人に対する債権者の位置づけ、相続財産を手に入れられる順番等も、法曹資格者、検察庁、裁判所の連中共に、ほぼ分かりません。

財産権侵害となる法の根拠、実例毎の、財産権侵害の有無も、ほぼ分かって居ません。

法曹資格者も、検察庁、裁判所、法務省の役人連中も、実際には「日本国憲法、各法法律規定から、ほぼ何も知りません、前提となる、正しい世間常識も、各業務毎の正しい常識も、ほぼ何も知らないんです」

結果が、今日の文書の記載内容ともなって居ます「まあ、出鱈目を超え過ぎた現実の山、です、何も合憲、合法が無い現実です、弁護士が犯罪者と共謀して、犯罪によって遺産財産、認知者の財産泥棒、詐取に走った事を、法曹権力、警察挙げて”強引に正当化に暴走して、押し通そうとして居るだけです”」

不動産明け渡し強制執行、強盗を国が実行も入って居ます「未相続の遺産金品を、国、法曹が強奪して、嘘を吐いて、申立者が相続遺産物品等も、正しく所有権を得たと、偽って強制決定して、闇処分している実例です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4446626
ユニークアクセス:3716168
今日
ページビュー:106
ユニークアクセス:105
昨日
ページビュー:5658
ユニークアクセス:3605

Feed