エントリー

防火施工違反のアパート火災で

  • 2019/05/31 14:44

防火施工違反のアパート火災で、住人等が死傷した場合、防火施工違反事実は、無い事とされて来て居ます。

防火施工違反の商業施設、アパートが、何故使えているのかと言う、根本の責任問題を、故意に無い事とさせて、別の責任追及に、本質を、故意にずらしてして来て居ます。

防火壁の石膏ボードを留めて有るビス、釘が、認証規定の長さより短い問題と、床に石膏ボードを敷いて居ない問題と、排水管が防火認定品では無い、塩化ビニールのパイプである事実と、隙間を埋めるコーキングが、防火認定品では無い事実と、コンセントボックスが、防火認定品では無い事実に付いて、故意に隠して居ます。

レオパレス21の問題は、確かにとんでも無い、大問題ですけれど、じゃあ他の業者は?日本中の建築主事は?日本中の建築士は?一番上の責任者、でしょう。

防火施工違反を、故意に生み出させて行っている現実を、何故握り潰して居られるのか、住人が焼死して当たり前、の建物なのです。

民間の検査機関、一級建築士の職員も、防火施工違反緒正しい現実から、知らないんですよ、何も正しく物を考えて居ないから。

国家資格者と威張っているけれど、実際はこう言った事が、当たり前に出来てしまって居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700126
ユニークアクセス:3945447
今日
ページビュー:59
ユニークアクセス:59
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed