エントリー

日本の司法、法務省の本性が

  • 2019/06/12 08:53

本音はどうあれ、公務遂行の場合は特に、憲法、法律規定に沿い、正しい常識を踏まえた公務の遂行、正しい判断が、当然必須で求められて居ます。

ですが日本の、特に法曹権力は、法務省ぐるみで「合憲、合法の破壊実現、司法犯罪のみ通す、之を常態化させて、通す事ばかりしています」

これを成功させる根拠が「日本国憲法、法律は間違いで有り、条文通り適用は、なされない事と、法務省、法曹権力、最高裁以下裁判所が決めて、常に通して居るからです」

合憲、合法を、根本から無効と決定させて、押し通して居るのですから、司法、法務省が之に狂奔して、通す事ばかりが現実ですから、犯罪を免責して、犯罪者を利する事にも狂奔して、通して居ますから、当然ですが。

同じ事で「司法犯罪を暴き、糾弾して、潰そうとする人間は、犯罪事実、証拠偽造捏造、でっち上げを武器で駆使して、冤罪粛清に走り、通せて居るのです」

合憲、合法の徹底破壊、犯罪国家樹立、之に邁進して居る法務省、法曹権力なので「障害を理由とさせて、介助を就けて、障害者の代理行為を行う事も、犯罪と、公式に断じて通すまで、狂い切った国家権力化して居ます」

つくし法律事務所には、何時検察の強制捜査が入るんでしょうね?目が見えない弁護士方は、補助者を就けて代理人業務を行って居ます「障害を理由として、介助を行わせる、介助をすれば、犯罪と決定されます、法曹権力によって、実例も公に出来て居る事です」

障碍者基本法も、無効ですから廃止させるべきです、日本国憲法、法律全て廃止でしょうね。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4326027
ユニークアクセス:3636881
今日
ページビュー:2958
ユニークアクセス:2903
昨日
ページビュー:3917
ユニークアクセス:2936

Feed