エントリー

弁護士が支配する裁判所、故の犯罪

  • 2019/06/14 08:22

今まで裁判所の公務は、誰も実際を証明して、表に出さないで来ました、裁判所書記官、裁判官が、実際に、何を根拠とさせて、何を行っているか、本当の事は闇に隠されて来て居ました。

妻の遺産相続が発生して、裁判所、書記官、裁判官、調停委員が、実際に何をしているか、多くの司法の闇が表に出されて行っています。

裁判官、書記官は、憲法、法律規定に従っておらず、弁護士の言うがままに、憲法、法律を犯し放題しており、犯罪国家組織化して居る、今まで誰も、この現実を、実例証拠も添えて、表に出せませんでした。

弁護士の支配下にある裁判所、書記官、調停委員、裁判官ですから、偽造内容の公文書作成、行使も当たり前ですし、罠を仕掛ける事も、当たり前と言う現実です。

弁護士犯罪を常に成功させる、之が唯一全て、特に民事は、この現実が有る以上、裁判所、裁判官は、弁護士の支配下に置かれている以上、合憲、合法なぞ、弁護士、検事、裁判官は、ほぼ知らない、理解出来ない以上、犯罪で構成された裁判所、裁判官公務となって居て、当たり前です。

犯罪が当たり前となって居る、誰もこの裁判所、裁判官による、実際の公務を表に、実例証拠を持って出さなかったから、何処までも司法犯罪を拡大させて来たのです。

司法犯罪被害を、どれだけ事前に食い止められるか、之に掛かって居ます、全ての防衛は。

遺産は強奪したら、犯罪者が所有権を得て通される、弁護士指揮、司法、警察犯罪の現実の一つです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4553581
ユニークアクセス:3813250
今日
ページビュー:345
ユニークアクセス:335
昨日
ページビュー:1180
ユニークアクセス:1162

Feed