エントリー

司法犯罪公認国家

  • 2019/06/16 10:22

弁護士が指揮を執り、検事、検察庁、裁判官、裁判所が唯々諾々と従い、合憲、合法破壊、犯罪免責、公認で実行、日本のこれが実態です。

日本国憲法、法律の条文を、司法、法務省が無効化させて、通せています、当然ですが、完全なテロ行為です。

弁護士、検事、裁判官の頭のレベルでは、日本国憲法、法律、国際規約、国際条約で、日本が批准した分の内容は、殆ど知らず、理解不可能です、この現実を隠す、無い事と偽る為に「日本国憲法、法律は無効である、間違った条文内容故、順守は不要、憲法、法律は、適用されない、憲法、法律規定で守られる事は無い、法務省、司法独裁決定」

之がまかり通されて居るのです「弁護士、検事、裁判官の頭のレベルを、合憲、合法を理解して果たせる頭が、全く備わって居ないレベルを、神のレベルで絶体である、こう偽る為に、憲法、法律は間違い、無効である」

こう、法務省、法曹権力が共謀して、独善で決めて、押し通して居るのです。

議会制民主主義の破壊、法治国家の破壊を、この国の法務省、法曹権力は、実際に凶行し捲って居ます。

国民が選挙で選んだ、筈の政治家も、この法務省、司法テロに、立法府の筈が、憲法、法律を理解出来る知識も頭も、なので、対抗も出来ず、僕となって追従して来ている、訳です。

弁護士が法定代理人だと言って、刑事、民事事件で法廷で仕事をしている、けれど「正しく受任して、法定代理行為を行って居る事を、証拠も検察庁、裁判所も揃えておらず、証明から出来ない、この事実だけでも、法務省、司法は破綻して居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047332
ユニークアクセス:4262103
今日
ページビュー:142
ユニークアクセス:141
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed