エントリー

遺贈と言えば

  • 2019/06/29 15:55

相続権が無い人、事業者に「未相続の遺産金品を”遺贈した、遺贈された”と言う事にすれば、相続税の対象金額以下であれば、無条件で無税扱いです」

遺贈された第三者、凄い特権です、もう「わざわざ宗教法人化せずとも”遺贈された金品請け”これで良い訳です、無条件で、無税で金品を受け取り、それで終わりです、帳簿付けも、納税も不要な事業となる訳です」

遺産物品の引き取り、処理等で、相続税が掛かるような、高額にはならないですよ、となれば「ほぼ全部、遺贈された第三者だから、大手を振って”帳簿付け不用、納税不要で、遺産金品引き取りが出来ます”」

こんなすごい、法律を犯した特権も、司法、法務省、国税が結託して、闇で作り、実行し放題して居たんですね、殆どの国民は、知らなかった国家権力法破り、法で律せられる国家破壊行為です。

まあ、この手法も、良く証明され、理解出来ましたから、利用させて頂きますよ、公正証書遺言なぞ不要です、だって「法律には、全く沿って居ない、法を犯した手です、法を犯して、公に通されているんですからね、公正証書なぞ要る訳が無いんです」

相続税が課せられる金額以下なら全部「遺贈で良い訳です、遺贈を受けた第三者、之であれば、相続税が課せられる金額以下の遺贈は、全部無税で通るんです」

納税を正しく行う、国民の、事業者の責任ですが、法務省、司法犯罪制度は、合法な利得の入手も、合法納税も、不要と公に決めて、法を犯し捲って通して居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705507
ユニークアクセス:3950245
今日
ページビュー:1078
ユニークアクセス:688
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed