エントリー

司法、法務省ぐるみの、遺産泥棒じよる

  • 2019/06/29 16:07

義兄、義姉、一生政府にも渡った、偽造での住所、氏名記載を通さなければ、拙い事になったりするぞ、政府も騙す訳だから、司法と一緒に、政府も騙すんだからね、一生。

まあ「偽造者は、どうするんでしょうか?他者の住所、氏名も、永遠に偽造するのと合わせて、自分の住所、氏名も、自分の字で書き続けるんだから、重い責任?が、一生付き纏うでしょう」

司法、法務省犯罪は、他にも色々闇で作られて、国中で凶行されて居ます、遺産金品泥棒も、その中の一つです。

特に、慣れて居ない犯罪者なら、公正証書遺言、公正証書を、犯罪を通す目論見で、法の根拠ゼロで、犯罪用に作り、使えば「公に犯罪ですが、犯罪が成功させられて居ます、法務省、司法、国税、警察、報道が共犯で」

この犯罪は、犯罪で得た利得への課税が「法を犯して、正しく徴税も、されないからくりとなって居ると言う、実に有難い、犯罪者擁護の制度なのです」

まあ、犯罪に手を染めて、犯罪利得を得ている訳で、合法な税務申告、合法な納税は、不可能ですからね、全部犯罪だから「未相続の内に、遺産金品を盗んで提供させている、遺品整理、遺産金品泥棒請負に至っては”相続税が課せられる金額以下であれば、無条件で無税で犯罪利得入手”が、公然と認められて居ます」

犯罪は、日本の場合ですが「法務省、司法、国税、警察、報道が、行政の多くも共犯だから、犯罪を強引い適用だと、法を犯して”法に沿って居ない適法行為”と、何の正当性も無い、権力の嘘によって、犯罪が成功させられて居ます」

犯罪者、犯罪者の共犯者ですから、法務省、司法、警察、報道、多くの行政機関が共謀して、未相続の遺産金品泥棒も、適法な犯罪だ、こう嘘を吐き、事業だと偽り、通して居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702264
ユニークアクセス:3947498
今日
ページビュー:352
ユニークアクセス:343
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed