エントリー

法律根拠ゼロ、法務省、公証人、司法犯罪

  • 2019/07/07 10:10

公正証書遺言が有れば、他の相続権者の留分も「司法、国が法を犯して、強権発動で奪い、犯罪者に渡して居ます、公正証書悪用の詐欺と、法務省、公証人、司法、国税が承知で”被相続人が負って居る債務、未納の税金債務まで、詐欺行為で踏み倒して通しても居ます」

最早国際テロ犯罪国家権力です、ここまでの悪行、国家権力犯罪を、法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、国税が共犯で、行い、犯罪を強引に成功させている日本なのだから。

公正証書遺言に「他の相続権者の遺留分まで、すべて奪わせて貰えると書いたから、被相続人が、こう意思表示したから”相続遺留分相続の権利も、法務省、公証人、司法、国が強奪して、通して居るんだ”遺産債務を踏み倒して、正の遺産だけ相続させて、通して居る、法律破り行為も、被相続人の意思だから”法を犯して成功させて有るんだ」

これが事実です、犯罪の言い訳に必死ですが、法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人、国税、司法カルト犯罪国家権力が共犯故、同じ言い訳に走って居る、犯罪者責任逃れに必死ですが。

遺産預金仮支払制度が始まりました、もうこんな遺産強盗と、遺産負債詐欺で踏み倒し、正の遺産だけ詐取して、負債を詐欺行為で踏み倒しは、何の言い訳も出来なくなったのです。

義兄の妻子による、義父の死後、義父を騙り、金融機関の資金を盗んだ犯罪、も合わせて、法務省、司法犯罪、遺産強盗、債務踏み倒し、正の遺産だけ詐取してが、法律に沿って破綻して行っています。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662293
ユニークアクセス:3912061
今日
ページビュー:1136
ユニークアクセス:1024
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed