エントリー

続々証明されている、司法、法務省犯罪

  • 2019/07/07 16:05

今月から「被相続人の死去の時点で、遺産は凍結されて、凍結された遺産の内、遺産預金に付いて、必要な書類、膨大な必要書類を揃えて、遺産預金仮支払請求の手続きを取れば、一定の遺産預金額から、仮支払が受けられるようになりました」

この法律手続きが始まり、法務省、司法犯罪、遺産強奪で、違法だが、遺産を手に入れて、法を犯して居るが、所有権を得た、事に、嘘で決めて通されて来て居る、この法務省、司法犯罪が、いきなり犯罪そのものと、言い逃れの余地なく立証されてしまいました。

何しろ、遺産預金仮支払の制度では「被相続人が死去した年月日、時間を持ち、遺産は、預金も含めて凍結されますから”遺贈された、他の相続権者の遺留分の遺産を盗んだ、遺贈も無いが、遺産を盗んだ実例は、単なる泥棒だと、はっきり実例で、証明され出して居るんです”」

被相続人の遺産預金履歴を、預金先の金融機関から取れば「被相続人の除籍謄本に記載された、死去の年月日、時間以後に、死んだ人が自分の預金を引き出した、等と言う、嘘そのものの行為が、はっきり犯罪と証明されているんです」

遺産預金遺留分の請求に対して、預金先の金融機関は「被相続人が死去した時点で、遺産預金も、凍結と確定して居ますから、被相続人が死去した時点の遺産預金金額で、仮支払金を算出しなければなりません、合法な遺産預金仮支払手続きは、之ですから」

今までいい気になって、法務省、公証人、弁護士、検事、検察庁、警察、裁判官、調停委員、裁判所が共犯で行わせ、通して来た「遺産は被相続人死去後、盗んだ人間が所有権を得たとされて、通る、遺産泥棒強制適法化制度が、遺産預金仮支払制度が始まり、破滅して行っています」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5010090
ユニークアクセス:4228310
今日
ページビュー:367
ユニークアクセス:366
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed