エントリー

国税徴収法違反、遺産詐取、窃盗、強奪もですが

  • 2019/07/08 07:34

公正証書遺言が有ろうと、無くても同じですが「遺産は、相続権者の遺留分まで強奪、詐取、窃盗して手に入れれば、泥棒が法を犯して、手に出来た遺産緒所有権を、無税で得た、之を法によらず、法を犯して居ると承知で、通して居る」

法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人らが「事実通りですから、認めて答えて居ます、完全な犯罪であり、この所業が合法との根拠は、ゼロで認めて、通している犯罪だと、認めています」

こう言う国家資格者、国家権力が、一方で「整理屋を”国税徴収法違反だ、滞納した税金、債務の徴収を逃れる目的で、事業所を別に作り、利益部分だけ移す一方、負債は元の会社に残して、所在地は遠方に飛ばして、実質休眠させて”負債、滞納した税金を返さない、国税徴収法違反である」

こう決めて、摘発して、起訴した訳ですが、法務省、元エリート検事、裁判官dった公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、国税が共謀して「遺産泥棒の公認、正の遺産違法と承知で根こそぎ不正入手、一方で、負の遺産法を犯して踏み倒し、に走って居ます」

完全な犯罪であり、犯罪による負債、滞納税踏み倒しです、法務省、公証人、司法、国税が指揮を執り、手を汚して居る、れっきとした犯罪行為ですよ。

整理屋の行って居る事は「法律に正しく照らし合わせて、国税徴収法違反を本当に立証して、刑事罰を科すのは、ほぼどの事案でも、不可能でしょうね、検事、裁判官(弁護士はもっと論外)国税査察職員に、之を正しく果たせる知識は、無いでしょうから」

一方で「遺産を巡る犯罪は”簡単な強盗、窃盗、詐欺です”あんな手口の犯罪、幾らでも犯罪を証明出来ますから」

単に、法務省、司法、警察、国税が直接実行犯だから、荒っぽい、単純犯罪が、おおっぴらに成功させられているに過ぎません、整理屋のやって居る事とは、比較出来るようなレベルの犯罪では無いです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662530
ユニークアクセス:3912298
今日
ページビュー:58
ユニークアクセス:58
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1203

Feed