エントリー

犯罪と承知で、法務省、司法権力悪用により

  • 2019/07/08 15:43

犯罪だという事は、十二分に承知で、公正証書遺言を「法律根拠ゼロで、遺産犯罪に、弁護士犯罪利権獲得用に悪用し捲って居ます」

何の法律根拠も無しだと承知で、公正証書遺言に「xxxxに、財産の全部を遺贈する、こう書けば”見つけ出せた正の遺産だけを、司法が強盗に変じて、他の相続権者の遺留分まで全部、強奪し捲れています”」

法律根拠はゼロでの、単純な強盗、泥棒です、法務省、司法が直接犯罪を仕切り、強引にこの強盗、泥棒を成功させているから、法律を犯して居るが、成功させられている、単純な犯罪です。

公正証書遺言に「xxxx、第三者に遺産全部を遺贈する、こう書いて有るからと”正の遺産だけ、他の相続権者の遺留分も、全部強奪出来て居て、負の遺産は放り出して、通されて居ます”」

遺産全部を遺贈する、であれば、負債も一緒に遺贈、となるに決まって居ますが、法務省、元検察のエリートだった公証人、裁判所のエリートだった公証人等が共謀して「包括遺贈と、遺言状に書いて居なければ、正の遺産だけ相続となる、と、法律によらず、決めて通して居る、法務省、公証人の言い草ですが」

そんな法律は、何処にも有りません、法務省、公証人、司法ででっち上げた、単なる詐欺制度です、犯罪そのものです。

整理屋が「滞納している事業税や、債務を踏み倒して通せる、法の抜け道を駆使しての手口を指南した、角で逮捕されて、送検されて居ますが”司法、法務省犯罪、遺産強盗、窃盗、詐欺制度は、何故逮捕もされないんでしょうか”」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4949519
ユニークアクセス:4173591
今日
ページビュー:90
ユニークアクセス:89
昨日
ページビュー:1743
ユニークアクセス:1627

Feed