エントリー

司法の実態が

  • 2019/07/11 08:27

弁護士、検事、裁判官、検察庁、裁判所職員、警察官に「日本国憲法、各法律規定を、事例、事件毎に正しく当て嵌めて、合憲、合法に沿い、扱い、処理して行くスキル、知識は、そもそも備わって居ません」

義兄義姉、偽造委任状で暗躍弁護士にしても「恐らくですが”相続人相関図も出て居ない、出させてもいない札幌家裁、裁判官、調停委員です”被相続人、相続人の正しい関係を、戸籍謄本等で先ず証明しなければならない、ここから果たせて居ないでしょうね」

相続権、相続権者とは、この段階で、禄に理解も出来て居ないのが実際ですから、弁護士、検事、裁判官、調停委員、法務省の役人、警察ぐるみ。

相続と強盗、泥棒を、正しく憲法、法律規定を適用させて、判別する頭、知識が無いんです「だから”建設業のうちが、義父母の遺産家屋内外家財等を、先ず調べて、遺産物品目録作りを行う為の”物品調査書作成を行う」

これをしようとしたら、義兄義姉、青森の警察、札幌の裁判所、裁判官、偽造委任状で暗躍弁護士、札幌弁護士会挙げて「権力悪用の手で、強引に妨害に走って来て居るのです」

で「遺産目録は、出鱈目の極みと来ています、遺産物品は、一切目録記載も無ですし、之が司法なる犯罪国家権力の、恒なる遺産相続事件扱い?の実際です」

遺産預金にしても「通帳のコピー!が根拠ですから、あまりにも程度が低過ぎます、全く法律根拠が、無い事も理解出来ない頭です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4667946
ユニークアクセス:3917496
今日
ページビュー:72
ユニークアクセス:72
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed