エントリー

司法犯罪国家日本

  • 2019/07/13 14:27

全く違う方向を見て、法律が正しく適用される、遺産預金仮支払制度を作ったと言う、遺産相続で、司法書士、弁護士犯罪、遺産強奪、泥棒を認めているが、この法律規定業務実施により、遺産相続犯罪が潰されて、合法化が実現するとは、考えて居なかったはずです。

公正証書遺言、単なる当事者間の、法律に沿って居る事の証明も、確認も無い紙切れを、絶対的効力が有る紙切れだと、法律を無視してでっち上げて、仮執行まで行って来ています。

他の相続権者の遺留分まで、法律根拠ゼロで、公正証書遺言に「xxxxに遺産を、や、不動産を遺贈する」こう書いて有るから、之だけを根拠とさせて、遺産を根こそぎxxxxに、法を犯して強奪し、させて居るんです。

義父母の実例でも分かる通り「相続権も関係無く”被相続人が死去後、遺産金、預金等を、犯罪に走り、盗み放題して、認められても居ます”遺産は誰でも自由に強奪、窃盗して良い、犯罪で手に出来た遺産は、犯罪者が無税で所有権を得たと偽り、通して有る、遺産強盗,泥棒入手も、司法、警察、法務省他が、犯罪者の頭に立ち、公認して有ります。

他の相続権者には、当然遺留分が存在して居ますが「司法書士、弁護士犯罪国家資格者の犯罪利得獲得用として有り、遺留分、減債遺留分を認めない法務省、司法、警察、国税犯罪も、国中で強制的に通されて居ます」

これ等の司法、法務省、警察、国税他権力犯罪が、今月から始まった、遺産預金仮支払制度に拠り、破綻して行っています「この遺産預金仮支払請求手続きは、全て合法を証明出来なければ、支払いされません、遺産預金は、被相続人死去の時点に存在した金額、之が基本ですし、死後盗まれた金は、金融機関の資金です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4452484
ユニークアクセス:3719473
今日
ページビュー:1407
ユニークアクセス:735
昨日
ページビュー:4557
ユニークアクセス:2675

Feed