エントリー

警察、検事は、今後遺産泥棒の公認責任から

  • 2019/07/13 14:41

義父の身分を偽り、次男の妻子が、十和田おいらせ農業協同組合と、青森銀行職員が共謀して、この二金融機関の資金を盗みました。

完全な泥棒ですが、青森県警、七戸警察署、道警本部、次男が住む管轄の、手稲警察署等は「正しい犯罪であり、捜査する事も不要、刑事事件では全く無い」

こう公言して、この犯罪も、正当な泥棒、正しい金融機関資金窃盗だと、警察として、決定して居ます。

ですが、被害者である十和田おいらせ農業協同組合は「抜かれた200万円は、十和田おいらせ農協の資金で、うちは被害者です、義父さんの預金は、死去時の金額452万円余りが、そのまま法に従い、残って居ます、盗まれた200万円は、隠匿されて居るゆうちょ銀行、次男側から回収する為、ゆうちょ銀行、次男側に返金要求を出して行っています」

こう答えて、盗まれた200万円の回収にも動いています、仮支払手続きに対しては「義父の死去時の遺産となった預金金額、452万円余りをベースとして、仮支払いします、と、書面にも記載して、合法な遺産預金仮支払手続きを、既に行って有ります」

次男、長女が、偽造委任状で暗躍させて居る、xxxx弁護士がでっち上げた、義父が死去後、十和田おいらせ農業協同組合、青森銀行の資金が盗まれた事件は「義父の死後、義父の預金が正しく、次男妻子により、義父の身分偽造書類で引き出され、次男側が所有権を得た金である、とさせた遺産目録は、司法、警察犯罪、遺産泥棒公認制度の実例の一つです」

この犯罪も、警察、司法が法を破戒させ、決めて通して来ている、財産権犯罪によって蹂躙公認制度の一つで、今までも、今も、公然と行わせ、通して居る、国家権力強盗、泥棒の実例です。

遺産預金仮支払が、法律も作られて、実施され出した結果「被相続人が死去後、抜かれた金は、預金先金融機関の資金で有り、遺産となった預金では無い、之も正しく実例証拠で、法律に沿い、立証されて居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4452539
ユニークアクセス:3719527
今日
ページビュー:1462
ユニークアクセス:789
昨日
ページビュー:4557
ユニークアクセス:2675

Feed