エントリー

犯罪者そのものの行為

  • 2019/07/14 14:44

他者の財産を、司法、警察、法務省、公証人特権を悪用させて、強奪、窃盗させる指揮を執って居る、共犯で手を汚して居る、犯罪者そのものの悪行を、公権力を手に出来たこの連中は、繰り広げて通して居ます。

法律に完全に反した、単純な強盗、窃盗を、公権力を行使する事で、犯罪責任を逃れさせて、逃れて成功させて居るのです。

義父母の財産、遺産強奪、窃盗も、初めは次男と家族、長女と家族の犯行でしたが、犯罪者に与して稼ぐ、之を当たり前とさせている弁護士が食い付き、犯罪を成功させるべく、暗躍して来ました、偽造委任状で、つまり「委任、受任は虚偽で、です、単なる犯罪者同士の共謀です」

ここに警察、裁判所、裁判官、調停委員も、犯罪を潰して、犯罪を成功させる為に、法の破壊による、犯罪正当化実現の為、共犯となって手を汚し捲って来たのです。

一旦この連中は、犯罪者に加担して、弁護士犯罪利得獲得も成功させる事に暴走し出せば、合法化に向く事は有りません、根っからの犯罪集団国家権力ですからね。

その本性通り、犯罪が暴かれる度、逆恨みに走り、犯罪は無かったように、犯罪を免責と、法を破戒させて通す、犯罪が無かったと、偽造公文書証拠を作り、使う、犯罪は正しい、合法が間違いだとまで、国家権力悪用テロに、狂い切って暴走して来て居ます。

十和田おいらせ農業協同組合は、義父の身分を偽り、200万円農協の金が盗まれた事件で「この盗まれた200万円は、十和田おいらせ農協の資金だと、完全に認めて、回収にも動いています」

青森県警本部、七戸警察署、北海道警察本部、手稲他警察署、司法、国税は、もう言い逃れられません、まあ「同じ犯罪を、国中で弁護士、司法書士犯罪利権獲得の為に認めて、犯罪を共に行い、成功させて居るのですから”この事件だけ、法を正しく適用させる、筈が無い訳ですけれどね”」

お陰で十和田おいらせ農協にしても「200万円自己資金窃盗被害を、次男側からか、隠匿先ゆうちょ銀行から回収出来なければ、そのまま被る訳です、警察、司法が犯罪者擁護に暴走して居る結果で」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4582529
ユニークアクセス:3839008
今日
ページビュー:89
ユニークアクセス:89
昨日
ページビュー:2037
ユニークアクセス:2007

Feed