エントリー

遺産預金仮支払手続きが

  • 2019/07/19 08:14

遺産預金の仮支払いが、各証明書を揃えて、合法であれば受けられる法律手続きが、今月から始まりました。

義父の遺産預金窃盗犯罪と、xxxxさんの遺産預金窃盗犯罪とが起きており、犯罪に加担した、犯罪が起きた金融機関、犯罪者の共犯弁護士、裁判官、裁判所、警察は、犯罪を追認に暴走と、法律を守る事に動いている所とに、真逆の動きが出て居ます。

十和田おいらせ農業協同組合は、義父が死去の2日後に、次男の娘が義父の身分を偽造した書類で200万円を盗んだ事件の被害は、十和田おいらせの資金窃盗です、義父の預金が死後盗まれた事件では有りません、義父の預金は、死去時の額が存在して居ます、こう答え、文書も出して居ます。

義父の遺産預金が有るゆうちょ銀行は”義父の身分を偽造させて、金を盗ませる事に合意しなかったので”義父の遺産預金は、死去時の金額が存在して居ます。

この二金融機関は”被相続人が死去時の遺産預金金額で、遺産預金仮支払いに応じます”合法を通す訳です。

一方、義父の身分を偽造させ、30万円余りの金を、次男の嫁の犯罪に加担して盗ませた、青森銀行は”義父が死去した8日後、次男の嫁に義父の身分を偽造させて、金を盗ませた、この金は義父の遺産預金を消して埋めた、遺産預金は失われたんだ”こう、犯罪に加担し、共犯となり、暴走して居ます。

行政書士の息子は”被相続人が死去時に存在した預金が、遺産預金確定金額、之を原則で遺産目録を作り、使って居ます”偽造委任状で暗躍弁護士と裁判官、調停委員、青森県警、道警は”死人を騙って金融機関から金を盗めれば、泥棒が所有権を得て、遺産預金から消える”これが適法だ”これで遺産目録を作り、通そうと暴走して居ます。

昨年10月11日に死去した、xxxxさんの北海道銀行の預金は”孫がキャッシュカードも預かって居る事を悪用して、孫夫婦でxxxxさんの死去後、ATMから金を盗み、口座を凍結せず置き、遺産年金を振り込ませて、更に盗んだ事件が起きて居て”道銀、手稲警察署が共謀して”死人による合法な預金引き出しだ、道銀にも相続人にも、一切犯罪被害無し、犯罪は存在しない”こう言い張って居ます。

4っつの金融機関で、合法に動いて居るのが二金融機関、犯罪を通そうと暴走して居る、司法、警察ぐるみの犯罪に暴走して居るのが、二金融機関です。

ゆうちょ銀行は「偽名口座を開設させて、十和田おいらせ農業協同組合から盗んだ200万円を、犯罪と承知で隠匿させて居ます」

もう何の、法による整合性も無くなって居た、司法、警察が頭を張った犯罪の結果、と言う事実証明です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047294
ユニークアクセス:4262065
今日
ページビュー:104
ユニークアクセス:103
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed