エントリー

新民法第909条2、この法律施行で

  • 2019/07/31 07:28

新民法第909条2、この法律の施行により「死人を偽る手で、金融機関も共犯で、死人が死去後、自分の手で自分の預金を引き出した、こう偽り、死人の預金を消す犯罪が、公式に犯罪事実証拠も合わせ、表で糾弾され出す事となって居ます」

遺産となった預金は「被相続人が死去した時点で存在した預金が、遺産預金と確定される、法の規定です、この法の規定も、死人を騙って金融機関の金を盗む、弁護士犯罪利権獲得用他の為の犯罪が、公に表で糾弾され出す結果を生み出して居ます」

犯罪に加担して居る金融機関は「帳簿から何から”死人が死去後、金融機関に来て、死人自身で死人の遺産となった預金を引き出して、金を持ち帰った”こう偽造処理して、司法、警察、金融庁、財務省、国税等が、偽造から承知で見逃して、成功させて来たのです」

相続権者を全て証明して、相続遺産預金を洗い出して、相続権者個々が「法の規定に沿い、遺産預金の仮支払いを求め、実行させられる、新民法第909条2は、こう言う法律です」

この法律手続きは「遺産となった預金が有る金融機関毎に”被相続人の遺産預金、本店、支店に複数有る遺産預金は、口座と総額を、被相続人が死去時に存在した預金口座、預金額、これを金融機関で証明して”相続人は、被相続人と相続人を、謄本等で全員証明出来れば、相続人個々が、法の規定に沿い、遺産預金自己相続分から、自分に遺産預金を渡す」

この手続きにより、遺産預金一定を手に出来ます「弁護士、司法書士犯罪利得獲得の為、が主体で凶行されて来た”死人が死去後、死人自身の手で遺産預金を引き出した、遺産から失われたんだ”この犯罪も、破綻して行って居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年04月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5395082
ユニークアクセス:4576851
今日
ページビュー:1689
ユニークアクセス:1626
昨日
ページビュー:1827
ユニークアクセス:1759

Feed