エントリー

死人が生きて居ると偽り、口座取引を

  • 2019/08/13 17:15

死んだ人の預金口座が、当たり前のように「口座名義人は生きている、と偽り、口座取引が行えて居ます」

何もわざわざ、偽名口座、架空口座を作らなくても、死んでからも動かせて居る口座を、公に活用すれば良いのです、警察、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、法務省、公証人等が共犯で、死人は生きて居ると公にまで偽り、死人の預金口座取引も、国中何処でも実際行えて、認めて居るのですから。

当然ですが、死人が生きて居て、口座取引を死後も続けて居て、正しい口座取引である、こう帳簿、決算書、監査報告書、税務申告書を作り、公に使い、公開して居るのですから、顧問税理士が、金融機関の取締役、監査役、公認会計士と共に「死人は生きて居て、口座取引が正しく出来て居る、こう帳簿から何から作成して、合法だと言って通して居る事に付いて、法を持って、合法根拠を証明しなければならないんです」

いよいよ「税理士と言う国家資格者が、公に”死人の預金口座活用事実も、法を持って、死人の口座取引が、合法である事を証明しなければならなくなったのです”」青森銀行のように「死人は生きていて、死後も口座取引を継続出来て、合法で通って居る、だの、死人の身分を偽造した書類を書かせて、口座取引を続けて、続けさせて居る事は、完全に合法だ、死人は死後も、口座取引を合法に出来るのだ、だの」

「死人の身分を偽造した書類で、金融機関も共犯で金を盗むのは、便宜払いと言う、法を犯した正しい手続きだ」だの、文書も出して言い張っても、帳簿から何から偽造して、正しく見せかけているに過ぎません。

帳簿から何から偽造、行使して居ます、こっちも悪質な犯罪、税理士も共犯の犯罪です、顧問税理士の、国家資格悪用犯罪責任追及も行わせましょう。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4552634
ユニークアクセス:3812321
今日
ページビュー:578
ユニークアクセス:568
昨日
ページビュー:1042
ユニークアクセス:1009

Feed