エントリー

金融機関の犯罪実態も

  • 2019/08/14 17:49

生活保護受給者も二名入って居る、相続人四人、被相続人両親と言う、遺産分割調停事件に於いて、被相続人である両親の預金口座を、死去後も生かして置いて、遺産年金を振り込ませて詐取したり、入って居る金を、口座名義人が生きて引き出した、と偽ったり、犯罪を幾つも重ねても居る、定番の犯罪も、ようやく行政、捜査機関のメスも入って行って居ます。

この犯罪も、日本中で定番となって、犯罪と承知で、弁護士、司法書士犯罪利権にされて居るから、犯罪の限りを尽くし放題出来て、強引に成功させられて来て居るのです。

金融機関の帳簿、決算書、監査報告書、税務申告書全てを偽造させて、偽造を認めて、偽造と承知で「合法な帳簿処理、決算書、監査報告書、税務申告書だと、監督機関、政府、国税が虚偽合法認定して”死人が生きており、死んだ後も死人が口座取引を継続して居る、合法な行為である”」

こう偽って、通して来て、成功させて有るんです「この犯罪も、生活保護受給者二名が相続人に入って居る、両親の遺産相続事件で、やはり凶行されて居るんですよ」

死人は生きている、事にして口座を生かして置き、遺産年金を振り込ませて”年金給付を受けている死人が、死後振り込ませた年金を引き出した、口座の金を引き出した”合法な、死人自身による行為であると、金融機関執行役員、監査役、顧問税理士、公認会計士、監督官庁、国税が共謀して、偽りと承知で通して居るのです。

当然ですが「遺産金の詐取です、金融機関は帳簿、決算書、監査報告書、税務申告書を偽造して、行使して通して、通されて居ます、生活保護受給者の遺留分詐取、窃盗は、生活保護法違反にも該当して居ます、税金詐欺行為なのです」

金融機関の帳簿を洗えば「山のようにこう言った偽造が出て来ます、当然ですが、決算書、監査報告書、税務申告書も偽造です”金融機関が訴えた、業務上横領犯罪も、再捜査するべきです、帳簿から何から偽造なのですよ、業務上横領で告訴、が正しい証拠は、無かった”と言う事ですから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4552580
ユニークアクセス:3812267
今日
ページビュー:524
ユニークアクセス:514
昨日
ページビュー:1042
ユニークアクセス:1009

Feed