エントリー

青森銀行の犯罪は

  • 2019/08/15 16:33

青森銀行の犯罪自白文書、記載通りの犯罪実例、義父の死去8日後、次男夫婦が青森銀行上北支店遺行き、義父の預金通帳、印鑑を見付けた、この金を寄越せ、こう要求したら、上北支店菖蒲川他が「次男は字も書けないので、同行した妻に、義父が生きて上北支店に来て、自分の預金を解約して、金を持ち帰ったと、帳簿から何からを偽造して、通しに走っている犯罪、に関して」

本店事務統括部が、犯罪弁護士と共謀して「この犯罪は、便宜払いと言う犯罪の手口で有る、偽造した手続きで、義父の預金は失われたんだ、遺産預金仮支払には応じない」

これを書いた文書も出して居る、沼田徹なる弁護士?のような犯罪者は、青森銀行執行役員、監査役、税理士、公認会計士と共犯となって、この犯罪を通そうともして居る、と言う事実が有るので。

今、青森銀行の支店に、順番に事実確認と、事実をそのまま伝えて、青森銀行挙げてのこの犯罪を、当然全部の支店、職員が行っているだろう確認を行って行って居ます。

で、結論ですが「やはり口座名義人の身分を偽造した手口で、金を盗む事を、便宜払いと言う言い訳で、行って居る、との事です」

青森銀行挙げての犯罪、ですね、やはり、この銀行と税理士、公認会計士、途中から犯罪に加わった弁護士連中は、完全な犯罪金融機関、国家資格者だと、更に証明されて行って居ます。

この銀行、顧問税理士、公認会計士、顧問弁護士に限らず、日本中の金融機関、顧問税理士、公認会計士、弁護士が共謀して、同様の犯罪を常態化しており、監督機関も共犯で、国税庁、金融庁、財務省、検察庁、検事、裁判所、裁判官も同様の犯罪行為集団で、同様の犯罪で金融機関も染め上げて行って居るんです。

帳簿から何から偽造し捲って、この犯罪も成功させて有るのです、新民法第909条2が施行された事で、公になり続けて居る、金融機関と国家権力共謀犯罪です「国民も国中の事業者も、もうまともな税務申告も要りません」

之で更にはっきり証明出来て居ます「苫前町農協で起きた、冤罪以外無い、職員による顧客の預金横領でっち上げ事件、帳簿も何も証拠で出せなかった、偽造がばれる、冤罪が証明されるから、の闇のからくりも、更に公に証明出来て居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4552513
ユニークアクセス:3812200
今日
ページビュー:457
ユニークアクセス:447
昨日
ページビュー:1042
ユニークアクセス:1009

Feed