エントリー

弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、警察ぐるみの遺産強奪、生活保護詐欺

  • 2019/09/01 15:59

被相続人の子供(もういい年)4人中2名が生活保護を受けている、保護受給者の息子と、保護を受けている相続人が共犯となり、被相続人二名の正の遺産を、犯罪によってすべて奪うべく、悪事の限りを尽くして居る。

この犯罪に、北海道警察、札幌の弁護士、裁判所、裁判官が共犯で加担して居る、生活保護受給者の相続分は、当然生活保護費詐欺と承知で。

滅多に表に出ないと言うか、表に出された事は、多分無かったであろう「生活保護法違反も加わった、生活保護費詐欺も加わった、司法、警察ぐるみの正の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪です」

生活保護受給者にも相続権がある正の遺産、と承知で、死人を騙って遺産年金詐取、北海道銀行から資金窃盗、遺産不動産は、公正証書遺言があるからと言って、相続人らの遺留分、減殺遺留分まで全部強奪と、事前に弁護士、裁判官で闇で決めて有る。

この連中の言い草は「犯罪は存在しない、遺産となった年金を、法を犯して年金機構と共謀して詐取しても、詐欺にも一切ならないんだ、盗めた遺産金は、遺産から消えたから、相続遺産では無い」この虚言を、司法、警察テロで通しに走って居ます。

死人を騙り、北海道銀行ATMから金を盗んだ犯罪も「防犯ビデオの隠匿と、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して”死人が死後も生きて居て、死人が死後、自分の預金を引き出した”合法な、死人による自分の預金引き出しだ、死人が死後引き出した預金は、遺産から失われた金だ」こう虚言を吐き、何時も通り押し通そうとして居ます。

遺産不動産の遺留分、減殺遺留分の相続は「法務省、法務局が指揮を執り”相続人4人の遺留分、減殺遺留分まで全て次男の息子に渡したから、相続権はもう無いんだ”強奪に成功すれば、遺産は失われるんだ」

次男の息子委任弁護士と、札幌地裁、家裁、裁判官も共犯だから、こう言い張って遺産強奪、窃盗、詐取が正しい遺産入手だ、法を犯して奪われた遺産は、遺産から失われて、相続遺産では無くなったんだ、犯罪で奪えた遺産は、犯罪者が所有権を得られるからだ、この虚言を、何時も取り、生活保護法違反も加えて、司法、警察も生活保護法違反も重ねて、犯罪を成功させるべく走って居ます。

表に出た実例で、多分初でしょうね、司法、警察、法務省が生活保護法違反犯罪にまで、公に手を染めている実例は。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705390
ユニークアクセス:3950147
今日
ページビュー:961
ユニークアクセス:590
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed