エントリー

弁護士、裁判官、裁判所が共謀して、遺産目録偽造、強制適用も

  • 2019/09/03 08:41

法を犯して遺産を手に入れられれば、犯罪者が違法に手にした遺産の所有権を得た、と偽装、偽造を行う手で、警察、司法、国税等が共犯となり、通して来て居ます。

この犯罪を通す為に、遺産相続調停、民事裁判事件では「弁護士を絡めて、遺産目録の偽造に走って居るのです”犯罪によって奪われた遺産は、遺産から消えた事に、遺産目録もして、裁判官、裁判所、法務省も共犯ですから、通して成功させて有ります”」

犯罪に成功して、未相続の遺産を犯罪者が手に入れられれば、犯罪者が、犯罪で手に出来た遺産の所有権者となった、何処にも被害者は存在せず、犯罪も存在しないんだ、との嘘を、この内容通り偽造した、弁護士も絡んだ遺産目録を作り、合法な遺産記載遺産目録だ、と言う事に、強制的に決めて通して居ます。

義父母の遺産目録も、阿部さんご夫婦の遺産目録も、札幌弁護士介助族弁護士、弁護士事務所が犯人側に与して、札幌の裁判所、裁判官の共犯加担も得られており「犯罪によって奪われた遺産は、犯人が所有権を得たので、遺産から消した、犯罪で奪えなかった遺産と、犯人と委任弁護士が見つけ出せなかった遺産だけを、正しい遺産と偽って有るから、之で遺産相続を終えさせろ」

この警察、司法恐喝に走られて来て居ます、この手でこの連中は、日常的に未相続の遺産強奪、窃盗、詐取に走らせて、成功した分の遺産、犯罪者が犯罪で盗めた遺産は、犯罪者が所有権を得たと強制偽り決定して、遺産から強引に除いて通す事ばかりして来て居るのです。

十和田おいらせ農協は、死人が死後死人自身で手続きを取り、200万円の預金を死人が引き出した、この偽造を改めて「遺産預金は死去時の額が有ります、200万円は農協の資金窃盗被害です、犯人側に返金要求を出して居ますが、返す気は無いと逃げられて居ます」と言う状況になって居ます。

遺産は盗めれば犯罪者が所有権を得た、事と偽って決めて有る、遺産から消えたのだ、相続権者には、犯罪で失われた遺産緒相続の権利は無い、犯人側が使っている弁護士の遺産目録も、犯罪で奪われた遺産は、犯人が所有権を得たので遺産から除いて有る、之が合法な遺産目録、遺産だ、この警察、司法の嘘、犯罪強制適法化詭弁も、完全に破綻して居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700147
ユニークアクセス:3945468
今日
ページビュー:80
ユニークアクセス:80
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed