エントリー

日本国憲法、法律規定にも、本当に無知

  • 2019/09/07 07:12

弁護士、検事。裁判官、報道の連中は(も?)本当に日本国憲法、法律の根本から無知で、ほぼ何も正しい理解、運用は無しです。

言語を正しく理解出来る能力から、本当に備わって居ない事と合わさっての、この現実でしょうね「この連中には、基本の正しい近代法治国家の、民主主義国家の、自由経済を取っている国家である日本の世間常識が、先ず備わって居ません、全く別の体制の国家の独裁国家権力が、我欲を満たす為に支配して居るのと、日本国の憲法、法律の根本理念の完全な違いを、この連中は本当に理解も出来ません。

共産主義を取っている国家のやって居る事を、日本国憲法、法律と全く異なって居る事も理解出来ないで「弁護士、検事、裁判官が独善で全決定権を行使出来ると、本気で自己を狂信して、之を通せている現実が当たり前となっているから、正しい常識、憲法、法律による正解全て理解不可能なのです」

憲法第11、29条の規定が有るから、刑法の規定は根本で、この憲法規定を、犯罪行為によって侵害した事実、証拠を持ち、行為者に科す規定となって居ます。

行政所管法律に付与されて居る刑事罰則は「この法を犯す事により、法で律せられる日本国家を破戒させる、国の治安を破戒させる、重大な法律違反行為に科されtることとなって居ます」

○○○○が、○○弁護士を動かして行って居る事の中には「刑法の適用となるj行為と、行政所管法律違反で、刑事罰則が適用となる行為が入って居ます、○○○○と○○弁護士は、本当に理解も出来ないで来たんでしょうね」

行政が所管する法律に、刑事罰則が適用される内容で違反して居る、廃棄物及び清掃に関する法律違反行為も入って居るから、札幌市環境部署と、東警察署生活安全課に、証拠も添えて通報したのです。

この法律違反行為には、法人は3億円以下、個人は一千万円以下の罰金に加えて、5年以下の懲役刑が、併合で科される法律規定となって居ます、この法律規定違反も、本当に○○弁護士も、知らなかったのですよね。

廃掃法の所管は行政機関です、司法が独善で合否を決めれば、法の規定は無効化されて勝つ、法律規定、運用では無いですから、本当にこの事も、弁護士、検事、裁判官、警察官、報道の連中等も全く理解不可能何ですよねえ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627538
ユニークアクセス:3881300
今日
ページビュー:1215
ユニークアクセス:696
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed